水性や油性に合ったメッシュ選び方 どうやってメッシュの目数を選ぶの!?

水性や油性に合ったメッシュ選び方
どうやってメッシュの目数を選ぶの!?

荒い<<<<60<<<80<<<100<<<120<<<150<<<180<<<細かい
←細かい表現はNG                                                  精密向き・詰まりやすい→

メッシュは基本的に120,150と単位が上がるごとに
細かくなり、精密向きなり、その反面詰まりやすくなるため、
水性には不向きとなります。
逆に100,80とさがると荒くなるので、水性製販向きですが、
細かい表現はできません。
油性製販に一般的におすすめなメッシュ数 →120メッシュ(前後)
水性製販に一般的におすすめなメッシュ数 →100メッシュ(前後)

水性ラバーインクの使い方

EN水性ラバーインク

自然乾燥で乾くインクとしては、版の目詰まりが起こりにくく、 綿やポリエステルのTシャツに使用してもひび割れ難いです。

染み込みインク

これらは生地にしみ込み、風合いが軟らかく、 生地の色の影響を受け易い特徴があります。

ENラバーインク

ラバータイプは生地の上に伸縮性のあるインクの膜を形成し、 生地の色の影響をあまり受けずに発色する事ができます。

白生地に青、黒印刷

白生地に青、黒印刷

 

ホワイトはそのままご利用いただけます。(混ぜても使用可)

カラー調合のためには、ネオカラーは0.05%から5%までを混ぜて使用してください。

5%以上混ぜると印刷面が生地にうまく付着せず、洗浄時に落ちてしまう可能性がありますので、必ず分量を守ってください。

ネオカラー*バインダー

*お客様からあったご質問*

①バインダーは必要ですか?

>> 白以外の印刷をする場合は、ネオカラー(顔料)との混色のためにバインダーが必要となりますが、ホワイトで印刷するのでしたら、

そのままご利用いただけます。

②細い文字があるのですが、なるべく細かいメッシュ使いたいのですが100ぐらいが無難ですか?

>> おっしゃる通りです。100メッシュが無難かと思います。あまり枚数を刷らないなら、120メッシュでも大丈夫かもしれません。

③黒色インクはありますか?

>> 黒の場合は、ネオカラーのブラックと混ぜてご利用ください。

尚、水性インクですでに混色済みのものも販売しています。

(ダイカラーやアクアブライター)

ダイカラー*黒は1kg販売もあり 混色済みです。

 

アクアブライター

 

【水性インクから油性インクに 乗り換えるときに必要なものリスト】

【水性インクから油性インクに
乗り換えるときに必要なものリスト】

水性インクは版へのごびりつきがひどく、
扱いにくい、ということでプラスティゾルインクへの
乗り換えをされるかたが多くいらっしゃいます。

プラスティゾルインクは版にインクをつけたまま保管できるという大きなメリットがあります。
(その代わり乾燥しないので熱処理が必要となりますが・・・)

【リスト】

1インク *当店ではプラスティゾルインクを販売しています。
2スキージ9mm
*水性用より硬いものですので、必ず必要となります。

3感光液(アゾフィックスシリーズ AF101など)
*少量の印刷が目的の場合は水性でも利用可能な SD40でもご利用いただけます。
4フラッシュドライヤーやヒーティングガン*熱処理用
5テレピンうすめ液*版を拭き取る場合に必要です。

2のスキージは、意外と水性と一緒でいいかな〜と思われがちですが、ダメです。必要項目となります。

油性は熱処理が最も重要なポイントなので、インクのページの出ている説明をお読みになって 参考にしていただければと思います。

熱処理がうまくいかないと、ひび割れますので、よく熱処理してくださいね〜。

【Q&A】水性の版でプラスティゾルインク使える?

【ご質問】今まで水性用乳剤で製版して、水性インクを使い印刷していました。
今回、プラスチゾルインクの導入を考えています。
今までの水性用の版でもプラスチゾルインクは印刷可能でしょうか

 

【回答】水性の版でプラスティゾルインクの使用は可能だと思います。
こちらでテストをしている訳ではないので、保証はできないのですが・・・。
逆に、油性用の版で水性のインクはNGです。

水性ビンテージインク(風合い加工)発売しました

お待たせしました!当店でもついに、水性のビンテージインク(染み込みインク)を

入荷しました。まだ商品を使った使用例は載せてないのですが・・・。

匂いはありますが、印刷した雰囲気はとてもいいです!生地に馴染むので(まったく凸凹はありません)

ハンカチや、ビンテージ感を出したいTシャツなどの印刷に最適なのではないでしょうか。

今っぽいTシャツなどのアパレル生産に役立ててくださいね。

ハンカチ、Tシャツなどの印刷に

生地にしみこむタイプのインクベースです。

使用方法

ネオカラーと混ぜて利用してください。ホワイトはそのままご利用いただけます。(混ぜても使用可)
ネオカラーは0.05%から5%までを混ぜて使用してください。
5%以上混ぜると印刷面が生地にうまく付着せず、洗浄時に落ちてしまう 可能性がありますので、必ず分量を守ってください。

使用上のご注意

熱処理時に強い匂いがでます(シンナー系)ので、必ず換気をして使用してください。
ガスマスクなどを使用すると尚良いです。

 

染込むインク(無色)1kg 3,380円(税込)

染込むインク(白色)1kg 3,690円(税込)

http://premiumt.jp/item/detail/waterbased-simikomu.html(商品ページ)

染み込みタイプバインダーインク水性ベース発売間近!

今アパレルショップでよく見るタイプのTシャツは、

ビンテージ風で風合い加工しているものが多いですよね。

バンダナやハンカチもシルクスクリーンの染み込みタイプのインクを

使っていることが多いです。

 

版の目詰まりや、匂い(熱処理の時にシンナー系の匂いがしますので

換気は必須!)は気になるところですが、今っぽいTシャツを作りたい!

という方にはピッタリのインクなのです。

この染み込みタイプは、水性インクです。

 

premiumTでも、今月の中旬ぐらいから販売することを決定しました。

まだオーダー製作は受けられませんが、ベースとなるクリアのバインダーと、

ホワイトのバインダー、それぞれに0.05%から5%までを自由に混ぜて使える

スポイトカラー(顔料です)を販売いたします。

 

私たちもTシャツブランドを運営していますが、この染み込みインクを使用した

Tシャツを早く作りたくって興奮しています!!!

水性ラバーインクとアゾフィックス

Qネットで調べると「水性ラバーインク」を使っているところが多く
油性は使用後のインク除去等大変そうだったので…。
汎用インクは水性ですか?

感光剤「アゾフィックスno.1」を楽天から注文を入れましたが
水性ラバーインクの場合も大丈夫ですよね?

A当店のアゾフィックスは、プラスティゾル専用となります。
水性専用の感光液に変更可能です。
当店のプラスティゾルインクは、水性の分類となりますが、
空気に触れても乾燥しないインクですので、別途ヒーターガンまたは、
フラッシュドライヤーなどの、高温乾燥器が必要となります。
利点は、水性インクのように、使用ごとに版を拭く必要がなく、
インクが版に付いたままの状態で、保存可能というところです。

シルクスクリーン水性インクの使い方

シルクスクリーン水性インク使い方

1.インクを置く。

2.まずはひとまず印刷。

3.スキージを元の位置に戻す。

4・インクを版にかぶせるようにスキージを動かす。

*乾燥を防ぐため

水性インク
特別な機材なしで使うことができるからはじめてでも使えちゃうインク。

ですが、 初心者が何枚も刷り出すのがとても難しい・・・。

版の上にに乗せたインクは、2、3回刷っただけで乾燥してしまってシルク

の穴を阻んでしまいから。

だから少しの ノウハウが必要です。
写真1

上のようなやり方で刷れば、何百枚、何千枚でも刷ることができちゃいます

よ!

 

*一枚だけ刷る場合はすぐに洗ってしまうのがベストです。
*遅延剤っていうのがありますが、遅延剤はあくまで遅延剤。
暑い夏はすぐに乾燥してしまいます・・・。間違えっても
乾燥しかけのインクで印刷しないように!

固まったインクがダマになってしまいます。

初心者必見!プラスティゾルインク印刷&AF101製版のインク除去

感光液:AF101

製版:30×40cm製版紗張り済みのもの

使用インク:プラスティゾルインク

ナイロンボンドを添加したケースも。

 

Qプラスティゾルインクは濃い生地に対して何度か刷らないといけないですか?

 

Aマットインク(高隠蔽)ですと2回程度です。

高隠蔽でしたら、120メッシュ以下をおすすめします。2回刷りでかなり綺麗にホワイトがでます。

 

Q2回刷りというのは、一回製版を外して乾かしてまた刷るということですか?

 

Aいえ、軽く乾燥させたあと、再度同じ設置位置の製版でするという意味です。

版は外しません。

 

Qプラスティゾルインクを落とす時は水でいいんですか?

 

A水性ではないので、インクの除去はテレピンの薄め液で洗浄します。

水で製版を洗ってしまうと、壊れてしまいます。

AF101は水に弱いです。

ナイロンボンド使用時も同様です。

こちらの「テレピン油うすめ液(プラスティゾルクリーナー)」を

ご利用ください。

プラスティゾルクリーナー

製版を除去する場合以外で、版をそのまま保管したい場合、

ナイロンボンドを添加していなければ、インクを版につけたままで保管が可能です。

プラスティゾルインクは熱処理をしない限り、固まりません。

 

Q製版をするときは水洗浄ではないですか?

光を当てた後デザインを抜く時です!

A製版するときは水で洗います。

ただ、AF101の製版は水に弱いので、長く水につけているのはNGです。

水性製版についた水性のインクは水で洗浄します。

Qナイロンボンドと混ぜたプラスティゾルインクはどのくらいで洗ったほうがいいですか?

1枚すったら洗う感じなのでしょうか?

 

A 印刷後すぐに洗わないと、だんだんと固まっていきます。

 

ナイロンボンド商品ページ

 

こちらのページの可使時間をご覧ください。

印刷がすべて終わったら洗えば問題ありません。

 

 

ご質問、お問い合わせはinfo@premiumt.jpまでどうぞ。
シルクスクリーン機材販売premiumT
http://premiumt.jp