【Q&A】黒のポリエステル生地に白がはっきり出るオススメの水性インクはありますか?<シルクスクリーン インク>

黒のポリエステル生地にTシャツくんのインクを使ったところ、生地に染み込み、色が薄くなりました。
スクリーンが水性なので、水性のインクで黒の生地にもうちょっと白がはっきり出るオススメのインクはありますか?

水性インクでは、ENシリーズインクの5E、2Eをおすすめします。また、ポリエステルは素材の色(染料)が熱処理時に浮き出てしまうこと(ブリード現象)がありますのでご注意ください。

おすすめはENラバーインク

EN水性ラバーインク シルクスクリーン インク

▶︎ ENラバーインク
白、ベースに、顔料のネオ(グロー)カラーを混ぜて色づくりをするタイプとなります

顔料 ネオカラー

<カラーの場合>

▶︎ ネオカラー

※顔料のため、Tシャツなどの生地にネオカラー単体でのプリントはできません。(洗濯等で落ちてしまいます。)
ENラバーインクもしくは染み込む水性ベースとセットでご使用ください。

黒・ネイビーなどの濃色Tシャツの場合はカラーが発色しづらいため、先に白引き(ホワイト(EN-5E)のみをプリント)した上に、カラー(EN-ME(無色バインダー)+ネオカラー)をプリントする方法もあります。

堅牢度を上げたい場合

フィキサー 堅牢度を向上させる 低温型の架橋剤

▶︎ フィクサー 堅牢度を向上させる 低温型の架橋剤

※熱処理が必要になります。

水性インク用の抜染剤(漂白・ブリーチ)

水性用抜染剤 脱色剤 シルクスクリーン インク

▶︎ 水性用抜染剤(脱色剤)デクロリン・抜染・抜染材料

熱処理機の場合、デクロリン(ディスチャージ、抜染剤)を添加して、元の生地の色を抜きながら(色落ちさせる方法)印刷する方法もあります。

ブリード(昇華)現象について

▶︎ 【Q&A】プラスティゾルインクでポリエステル素材にプリント時、熱処理後にホワイトからグレーに変色してしまう。ブリード(昇華)現象

Q&Aまとめ

シルクスクリーンに必要な機材・道具について
プラスティゾルインクについて
水性インクについて
溶剤系インクについて
熱処理について
インクのテストプリント画像まとめ
製版が目詰まりする原因
水性インクの堅牢度UP 目詰まり防止おすすめ商品

0 Q&A
Inline Feedbacks
全てのQ&Aを見る