0,00 ¥

お買い物カゴに商品がありません。

お買い物の合計:33,000円(税込)以上の場場合、全国送料無料!(一部大型商品、メーカー直送を除く)

info@premiumt.jp

0,00 ¥

お買い物カゴに商品がありません。

Home シルクスクリーン用品、機材 繊維用水性系ベースのインク 添加剤・顔料・その他関連商品 水性用抜染剤(脱色剤)ブリーチ印刷・脱染・抜染・抜染材料・デクロリン(100g、500g)

水性用抜染剤(脱色剤)ブリーチ印刷・脱染・抜染・抜染材料・デクロリン(100g、500g)

¥1,400¥5,700

クリア
商品の注意書きや内容を理解し自己責任で使用することを同意します。 (+¥0)
※ 商品の注意書きや内容を理解し自己責任で使用することを同意します。
※ 基本的には返品、交換はできません。
用途に関する情報について本品は工業用品質であることを承知し、用途は工業用のみと同意します。 (+¥0)
沖縄、北海道、離島の配送の場合、発火物質に対する規制のため、船で出荷される可能性があります。タイミングが悪いと、2週間以上かかることもあります。 (+¥0)
商品小計
オプション小計
合計
お気に入り除外
お気に入り

説明

説明概要

水性インク用の抜染剤(漂白,ブリーチ)です。Tシャツなど布帛にご利用ください。
抜染用のベースで染料を抜いた状態の色は白ではなく薄いベージュ色や赤茶色になります。 生地を染めている染料によって違う色になります。

適用布

処方例 白抜染用 着色抜染用
(シミー)染込み系水性ベースインク 100 100
ネオカラー(各色) ~5
デクロリン ~10 ~10
合計 110 115

工程

  • スクリーンプリント 80 メッシュ、2ストローク以上(2ストロークおすすめ)
  • ベーキング (150°C × 2 分~)
  • 脱色確認
  • 水洗
  • 乾燥・仕上げ

結論

どちらのインクをご選択いただいても、結果はほぼ変わりません。
「染み込みインク白100g + デクロリン10g 」だとほぼ白になるかと予想されますね。
抜染剤と染み込みインクはよく混ぜてから使用することと、しっかり熱処理(150°C〜 × 2分)をすることがポイントです!

黒生地にデクロリン+染み込みベースインクを印刷した例

上記の写真説明(クリックすると大きく見えます。)

  • 上左:インク(ベース)100g + デクロリン 10g:3ストローク(熱処理前)
  • 上左:インク(ベース)100g + デクロリン 10g:3ストローク(熱処理後)

黒生地にデクロリン+染み込みベースインク+ネオカラー(14番)を印刷した例

上記の写真説明(クリックすると大きく見えます。)

  • 下左:インク(ベース)100g + デクロリン 10g + ネオカラー14番 5g:3ストローク(熱処理前)
  • 下左:インク(ベース)100g + デクロリン 10g + ネオカラー14番 5g:3ストローク(熱処理後)

留意事項

  • 抜染剤は(シミー)染込み系水性ベースインクに混入し、8時間程で効き目がなくなります。
  • ベーキング(熱処理)は当日中に行ってください。
  • 上記熱処理で堅牢度が不足する場合、均一に抜けない場合は、再度熱処理を 追加してください。
  • 各種堅牢度を更に向上させる場合は、架橋剤を2~3%併用ください。
  • 保管は密栓して冷暗所に保管してください。
乾燥遅効剤(プリントゲン) 使用不可
上粘剤(エマコール) 使用可能

その他の情報

用途に関する情報:本品は工業用品質であり、記載または合意のないかぎり、用途は工業用のみする。
上述および推奨の使用法に記載されている。他の用途については、お問い合わせください。
特に、特別な基準や規制の対象である製品に適用される。

*色が抜けない染料もございます。テストをしてください。

注意書き

warningマーク
warningマーク
注意

予防策

  • ご使用の際は保護手袋、ゴーグル、マスクを着用してください。
  • 必要に応じて長袖作業着、長靴等を着用する。
  • 煙・ガス・ミスト・蒸気・スプレーを吸入しないこと。
  • 取扱い後はよく手を洗うこと。
  • この製品を使用する時に、飲食または喫煙をしないこと。

対応

  • 眼に入った場合:水で数分間注意深く洗うこと。次に、コンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外すこと。
  • その後も洗浄を続けること。
  • 眼の刺激が続く場合は、医師の診断・手当てを受けること。
  • 暴露した場合:医師に連絡すること。
  • 気分が悪い時は医師の診断・手当てを受けること。
  • 特別処置が緊急に必要である。

保管

  • 施錠して保管すること。

廃棄

  • 内容物・容器を国・都道府県・市町村の規則に従って廃棄すること。

記載内容は、現時点で入手できた資料や情報に基づいて作成しておりますが、記載のデータや評価に 関しては、いかなる保証もなすものではありません。また、記載事項は通常の取扱いを対象としたもので 特別な取扱いをする場合には新たに用途・用法に適した安全対策を実施のうえお取扱い願います。 すべての化学製品には未知の有害性があり得るため、取扱いには最新の注意を必要とします。 ご使用者各位の責任において、安全な使用条件を設定してくださるようお願い致します。 この情報は、新しい知見及び試験などにより改正されることがあります。

追加情報

重さ 該当なし
在庫

在庫がある商品, 予約注文(納期約3営業日)

容量(kg)

100g, 500g

効果

添加剤, 脱染

主な印刷対象

コットン, コットンの混紡

区別(使用乳剤)

水性系

Q&A・コメント

  1. premiumT

    綿素材のハッピに抜染でプリントを考えています。
    例えば、黒色の両衿に色を抜いて白文字に抜染したいときは抜染剤のみでできるのでしょうか?
    また、抜染の工程について書かれていますがもう少し詳しく教えて下さい。(1ストローク、2回とは?・乾燥時間は?・ベーキングの方法など)ちなみにプレス機と仮乾燥機は持っています。
    また抜染して着色する方法は、抜染剤にネオカラーを5%混合すれば、後は同様の工程でできるのでしょうか?

    • premiumT

      綿素材のハッピに抜染でプリントを考えています。
      例えば、黒色の両衿に色を抜いて白文字に抜染したいときは抜染剤のみでできるのでしょうか?

      テストをしてみないとなんともいえませんが、一般的には綿素材の抜染をする場合、黄色っぽい色になります。白になる訳ではありません。
      抜染後にお好きな色をプリントする流れになります。

      また、抜染の工程について書かれていますがもう少し詳しく教えて下さい。(1ストローク、2回とは?・乾燥時間は?・ベーキングの方法など)ちなみにプレス機と仮乾燥機は持っています。
      1ストローク(一回スキージで印刷するという意味です.)
      プリント-> 熱処理 の過程を1回として、繰り返して2回行うということになります。

      また抜染して着色する方法は、抜染剤にネオカラーを5%混合すれば、後は同様の工程でできるのでしょうか?
      抜染材は簡単に言いますとブリーチ程度に考えていただけばいいと思います。

      インクと考えない方がいいと思います。
      そのため、ネオカラーは混ぜることができません。

      抜染後にお好きな色を印刷してください。
      もちろん、抜染のみで仕上げてもかまいません。

      何枚か印刷される場合は、印刷の技術がそれなりにないと、同じ結果物にならない場合があります。

  2. 三好恵子

    抜染プリントがしたくて先日デグロリンを購入しましたが
    これは何を混ぜるのでしょうか?
    説明を読んだのですがわかりません。
    具体的に御社の商品でお勧めを教えて欲しいです。

    素人ですみません。
    よろしくお願いします。

    • premiumT

      水性ベースインクをご利用ください。
      当店ですと、ENインク染み込むインクダイカラーがございます。
      例えば:水性インク100g+ネオカラー5g+デクロリン10g
      以上、よろしくお願いいたします。

      • 三好恵子

        色を乗せないで
        色を抜くだけなら水性インクのみに混ぜればいいですか?

      • premiumT

        はい、間違いありません。
        例えば:水性インク100g+デクロリン10gでも大丈夫です。
        よろしくお願いいたします。

      • 三好恵子

        すみません!
        わかりました。
        注文させてもらいました。
        対応ありがとうございます。

Q&A・コメントを追加

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

年末年始休業日のお知らせ

平素よりpremiumTをご利用いただき誠にありがとうございます。誠に勝手ながら下記の通り、冬季休業とさせていただきます。

2021年12月29日(水)〜2022年1月3日(月)

休業期間にご不便をお掛けしますが何卒宜しくお願い申し上げます。