シルクスクリーンインク 染込む(染み込み) 水性ベース SK

waterbased-simikomu
※上の写真をクリックすると大きく見えます。※
  • お勧め商品
商品番号:waterbased-simikomu
オプション
重量
カラー
獲得ポイントレート:1%
在庫状態:在庫有り
商品の内容を十分に理解して自己責任のもとに使用してください。

セット割引
同じ商品を
0個以上で0%、0個以上で0%、0個以上で0%引き
¥702(税別)

(税込¥772)

数量

配達について

予想される
最小梱包サイズ
宅急便60サイズ〜
※配送料金表
発送日目安 即日
発送日目安の意味/別送の意味 即日発送の意味:12時まで入金確認がとれた商品に限り即日発送いたします。在庫なしの場合は、発送できませんのでご理解よろしくお願い申し上げます。
商品入荷後の意味:通常2週間前後で発送いたします。
100kgを超える商品は、入荷まで通常1ヶ月かかります。

メーカーからの発送:メーカーと在庫を共有しておりません。在庫がない場合もありますので、ご理解ください。
Tシャツメーカーからの発送:メーカーと在庫を共有しておりません。在庫がない場合もありますので、ご理解ください。
ご注文後、数量により配送サイズが変わります。

染み込む水性インク シルクスクリーン インク イメージ
左:染み込むインクベース+ネオカラー22番5%:2ストローク → 乾燥(完了)
右:染み込むインクベース+ネオカラー22番5%:2ストローク → 半乾燥 → 2ストローク → 乾燥(完了)
同じカラーでも、染み込むインクなので2回印刷すると色が強くなります。

2020年6月から値段を下げました。

説明概要

ハンカチなどの印刷に。シルクスクリーン印刷染み込むタイプのインクバインダーです。ビンテージな雰囲気が出ます。ネオカラーと混ぜて使用してください。

白、ベース色以外の色がない理由。

ネオカラーと混ぜての長期間の保管ができません。
色味が変質するため、当社で調色して保管することができませんので、ご理解いただければ幸いです。

ビンテージな風合いの出るベースインク

シルクスクリーンインク水性

ハンカチ、Tシャツなどの印刷に

生地にしみこむタイプのシルクスクリーンインク(水性ベース)です。

使用方法

染み込むインク 調色 可能
ネオカラーと混ぜて利用してください。ホワイトはそのままご利用いただけます。(混ぜても使用可)
ネオカラーは〜5%までを混ぜて使用してください。
5%以上混ぜると印刷面が生地にうまく付着せず、洗浄時に落ちてしまう可能性がありますので、必ず分量を守ってください。

使用上のご注意

熱処理時に強い匂いがでます(シンナー系)ので、必ず換気をして使用してください。
ガスマスクなどを使用すると尚良いです。

製作の例


皮プリント

白地に印刷

黒地に印刷

黒地に印刷

グレー地に印刷

ネオカラーの最大添加量(重量比)

5%以内

自然乾燥ついて

自然乾燥可能(但し、3日間は乾燥させないと十分な堅牢度を得ることができません。)

熱処理の場合

140°C x 3分


染み込むインクベースの危険有害性情報

皮膚刺激。
アレルギー性皮膚反応を引き起こすおそれ。
臓器(中枢神経系、腎臓、心臓、呼吸器)の障害。
眠気またはめまいのおそれ。
長期または反復暴露による臓器(中枢神経系、呼吸器、心臓)の障害。
飲み込み,気道に侵入すると生命に危険のおそれ。
水生生物に有害。
長期的影響により水生生物に有害。

注意書き

予防策

・煙・ガス・ミスト・蒸気・スプレーを吸入しないこと。
・取扱い後はよく手を洗うこと。
・この製品を使用する時に、飲食または喫煙をしないこと。
・屋外または換気の良い場所でのみ使用すること。
・汚染された作業衣は作業場から出さないこと。
・環境への放出を避けること。
・保護手袋、保護衣、保護眼鏡、保護面を着用すること。

対応

・飲み込んだ場合:直ちに医師に連絡すること。無理に吐かせないこと。
・皮膚に付着した場合:多量の水と石鹸で洗うこと。皮膚刺激が生じた場
合、医師の診断・手当てを受けること。汚染された衣類を脱ぎ、再使用す
る場合には洗濯すること。
・吸入した場合:被災者を空気の新鮮な場所に移し、呼吸しやすい姿勢で
休息させること。
・暴露した場合:医師に連絡すること。
・気分が悪い時は、医師の診断・手当てを受けること。
・特別処置が緊急に必要である。

保管

・容器を密閉して換気の良いところで施錠して保管すること。

廃棄

・内容物・容器を国・都道府県・市町村の規則に従って廃棄すること。


染み込むインクホワイトの危険有害性情報

強い眼刺激
生殖能または胎児への悪影響のおそれ
臓器(中枢神経系、腎臓、視覚器、全身毒性)の障害のおそれ
長期または反復暴露による臓器(呼吸器、肝臓、中枢神経系、視覚器)の
障害のおそれ
飲み込み、気道に侵入すると生命に危険のおそれ

注意書き

予防策

・ 使用前に取扱い説明書を入手し、すべての安全注意を読み理解するま
で取り扱わないこと。
・ 煙/ガス/ミスト/蒸気/スプレーを吸入しないこと。
・ 取扱い後はよく手を洗うこと。
・ この製品を使用する時に、飲食または喫煙をしないこと。
・ 保護手袋/保護衣/保護眼鏡/保護面を着用する。

対応

・ 飲み込んだ場合:直ちに医師に連絡する。無理に吐かせないこと。
・ 眼に入った場合:水で数分間注意深く洗うこと。次に、コンタクトレ
ンズを着用していて容易に外せる場合は外すこと。その後も洗浄を続
けること。眼の刺激が続く場合は、医師の診断・手当てを受けること。
・ 暴露又は暴露の懸念がある場合:医師の診断/手当てを受けること。
・ 気分が悪い時は、医師の診断/手当てを受けること。

保管

・ 施錠して保管すること。

廃棄

・ 内容物、容器を国/都道府県/市町村の規則に従って廃棄すること。


幼児の手の届くところに置かないでください。

保護具

手の保護具

ゴム製手袋、樹脂製手袋

目の保護具

普通眼鏡型保護眼鏡、ゴーグル型保護眼鏡

皮膚及び身体の保護具

必要に応じて長袖作業着、長靴等を着用する。

衛生対策

取扱い後はよく手を洗う。

廃棄上の注意

残余廃棄物

製品は水分を含有しているため、おがくず等に混ぜて焼却炉で少量ずつ焼却する。決して一度に多量に焼却してはならない。処理を委託する場合、処理業者等に危険性、有害性を十分告知の上処理を委託する。

汚染容器・包装

他の用途に使用しない。廃棄物の処理及び清掃に関する法律に従って行うか、都道府県知事の許可を受けた専門の廃棄物処理業者に委託処理する。


水性インク・添加剤について

  • 乾燥遅行材:水性インクの乾燥時間を増やす用途(インクの自然乾燥時間を延長させる用途)
  • 増粘材(上粘剤):水性インクの粘度を上げる目的(ソフトクリーム から、アイスクリーム状にする感覚)
  • 触媒剤(下粘剤):本商品はは繊維加工用バインダーの下粘剤です、水を加えるよりも少量で下粘する為、堅牢度への影響を最小限に抑える事ができます。

インクの粘度について

日常生活の中で見られるものを中心に、粘度をお知らせします。商品購入時参考にしてください。

お水1cps
牛乳3cps
蜂蜜10,000cps
ケチャップ50,000cps
クリーム100,000cps
ピーナッツバター250,000cps

粘度の単位:SI単位系とCGS単位系の相関
1Pa・s=1,000mPa・s=10P Pa・s(パスカル秒)
1dPa・s=0.1Pa・s=1P dPa・s(デシパスカル秒)P(ポアズ)
1mPa・s=0.001Pa・s=1cps mPa・s(ミリパスカル秒)cps(センチポアズ)

シルクスクリーン水性インク選択ガイド

商品名単位スキージカラー
EN水性ラバーインク300g, 1kg,
5kg, 20kg
スキージー65A、75A2色(White, Base)
他の色はNEOカラーでMIX
色が乗る感覚の仕上がりでの水性ラバーインクです。
染込むインク水性インク300g, 1kg,
5kg, 15kg
スキージー65A、75A2色(White, Base)
他の色はNEOカラーでMIX
ハンカチや手ぬぐいのように、生地自体に染み込みます。
DYEカラー水性インク300g, 1kgスキージー65A、75A23色
染み込むタイプの仕上がりの水性インクです。
Lactoria(旧アクアブライター)
水性インク
500g, 5kgスキージー65A、75A59色
色が乗る感覚の仕上がりで、水性ラバーインクの様な仕上がりです。
EN水性ラバーインク、DYEカラー水性インクより明るいインク
感光液の種類適合性その他
KV-920Tシャツのために作られたと言っても過言ではない製品。
SD-40に比べて解像度が優れ、感度が良く製版時のストレスを減らすことができる。
SD-40特別な点は、耐水性が非常に優れていること。
大量のプリント時に製版の崩れがなく、ほぼ完璧に対応できる。
SD-40R従来のSD-40 に比べ、解像性、耐水強度が増したことが特徴であります。
 EN水性ラバー
インク
染込む水性
インク
DYEカラー
水性インク
Lactoria(旧アクアブライター)
水性インク
プリントゲン
(乾燥遅効剤EG)
増粘液
(水性インク用)
水性用抜染剤
(脱色剤)
◎特化、◯良い、△弱い(可能)、x不可

水性インクは、保管環境によっては色、質の劣化が起こる可能性がありますので、なるべく半年を目安にご利用ください。(使用環境によっては2、3年ご利用いただける方もいますが、自己責任の下ご利用ください)

  • Q&A( 4 )
4 Q&A
Inline Feedbacks
全てのQ&Aを見る
管理者
premiumT
1 年 前

染み込む水性インクのホワイトの用途を教えて頂きたいです。 染み込む水性インクだと、主に白や薄い生地に使用するのが無難かと思いますが、バインダーにネオカラーを混ぜれば、白を混ぜなくても(白い生地であれば)、パステル調の色は作り出せますよね。
染み込む水性インクのホワイトの使い方をざっくり教えていただけたら助かります。

管理者
premiumT
1 年 前
Reply to  premiumT

用途は、ハンカチ、タオル、Tシャツ、てぬぐいなどの印刷です。
ホワイトのバインダーに、ネオカラーを混ぜることで、
パステルトーンとなります。透明バインダーではなりません。

< 染み込む水性インクホワイトの使用方法>
ホワイトはそのままご利用いただけます。(混ぜても使用可)
ネオカラーは0.05%から5%までを混ぜて使用してください。
5%以上混ぜると印刷面が生地にうまく付着せず、洗浄時に落ちてしまう可能性がありますので、必ず分量を守ってください。
紙コップなどにとりわけ、計量しながらご利用ください。
匂いが気になる場合はマスクを着用してください。

自然乾燥可能(但し、3日間は乾燥させないと十分な堅牢度を得ることができません。)ですが、熱処理(ヒーターガン、スポットドライヤー)をすることで早く確実に堅牢度をあげられます。

プリントゲン(乾燥遅効剤EG) 乾燥を遅らせるために、入れていただくことをお勧めします。
増粘液(水性インク用) 粘度をあげて、より印刷をしやすくしたい場合、添加することもできます。

TAMA
3 ヶ月 前

染み込む水性インクに混ぜる顔料はネオカラー以外の顔料も使用できますか?

Last edited 3 ヶ月 前 by TAMA
管理者
premiumT
3 ヶ月 前
Reply to  TAMA

お問い合わせありがとうございます。
弊社での取り扱い顔料では、ネオカラーのみとなっております。
誠に恐れ入りますが、弊社取り扱い商品以外とのご使用につきましてはわかりかねますので、お持ちの顔料をご利用になりたい場合は、事前にテストされることをおすすめいたします。
よろしくお願い申し上げます。

PremiumT