0,00 ¥

お買い物カゴに商品がありません。

お買い物の合計:33,000円(税込)以上の場場合、全国送料無料!(一部大型商品、メーカー直送を除く)

info@premiumt.jp

0,00 ¥

お買い物カゴに商品がありません。

- Advertisement -spot_img

検索結果

大型 真空 LED UV ライトボックス 90x95cm 露光機

大型サイズ露光機の使用方法 https://www.youtube.com/embed/OkelII1kwqM 真空機能のあるLEDタイプの露光機(ライトボックス)は、シルクスクリーン製版に特化した露光機です。 デジタル式のため、ボタン操作で簡単に製版ができます。 露光 フィルムと製版を載せ、蓋を閉める (power)電源を入れる (vacuum)真空を設定(秒単位) (exposure)露出を設定(秒単位) (start)スタートボタンを押す *中止は(start)スタートボタンをもう一度押す。 停止・リセット 終了後電源を切る 蓋を開け製版を確認 *(reset)リセットはタイマーをに戻す。 露光機の製版設置イメージです。 制作事例 https://www.youtube.com/embed/yiP5eJ5kVHE 感光液はKIWO AZOCOL Z 1/3、50x70cm内径(外径60x80cm厚み2.6cm)のオーバーサイズ製版を使いました。(穴が開いたり、テンションも弱い、汚れもある製版です。)+120メッシュです。 油剤の塗布は表面2回、裏面1回後、最後に表面1回(薄く削ぎ落とすようにバケットを動かします) 製版の端っこを利用して露光しました。 真空は120秒、露光時間90秒です。(水につ強いのSD-40, KV-920, AZOCOL Z 1/3は60秒でも露光OK) 洗浄時間は、約1分ほどかかりました。 説明概要 真空機能のあるUVライトボックスは、シルクスクリーン製版に特化した露光機です。 デジタル式のため、ボタン操作で簡単に製版ができます。 露光機のサイズ ​ 60x75モデルのサイズ 露光部分サイズ:B1 約100cm、A1 約105cm 最大フレームサイズ(外寸):B 約90cm、A 約95cm 機器のサイズ:C 約115cm 、D 約130cm、E 約44cm フレームについて アルミフレームの他に木枠フレームでもご使用いただけます。 木枠の歪みが大きい場合はうまくバキュームで密着しない可能性もありますのでご注意ください。 モデル比較 ワークサイズ (フレーム外寸) フレーム外寸:約90cm X 約95cmまで/ 露光サイズ約90cm X...

United Athle クルーソックス 9240-01

2022/02/07から販売します。 クルーソックス 肉厚の足底パイルと堅牢なリブがポイント ほどよい長さでショーツとの相性も抜群 ショーツやスニーカーとのコーディネートで魅せて履きたい、絶妙な丈感にこだわったクルー丈のソックス。スケーターソックスをサンプリングした厚めの足底パイルと弾力のあるリブのタフさも特徴の一つ。ソリッドカラーだけでなくラインソックスの展開もあり、ハイカットのスニーカーなどからチラ見えするラインがコーデのアクセントに。今年の春夏はUnited Athleで足元からおしゃれを楽しんで! 生産国:日本以外 素材:綿 80%、ポリエステル 19%、ポリウレタン 1% ※抗菌・防臭加工糸を使用 商品特徴:ストレッチ

【シミー】35カラー・シルクスクリーン(旧染み込みインク) 染込むインク(500g、1kg、3kg)DYE ダイ・ 水性ベース SK

印刷例 United Athle 5001ホワイトにプリント(120メッシュ+47.Pink MS5Bまたは「染み込みインク+グローカラー47番 5%」) コットン100%や綿/ポリエステル混紡のTシャツやタオルに対し、繊維の内側にまで浸透した、極めて柔軟な風合いのプリント加工を行うことができます。 カラー表 プリントの事例 左:染み込むインクベース+ネオカラー22番5%:2ストローク → 乾燥(完了)右:染み込むインクベース+ネオカラー22番5%:2ストローク → 半乾燥 → 2ストローク → 乾燥(完了)同じカラーでも、染み込むインクなので2回印刷すると色が強くなります。 Tシャツにプリント 皮にプリント https://youtu.be/Pcf1wVhu-YE 説明概要 ハンカチなどの印刷に。シルクスクリーン印刷染み込むタイプのインクバインダーです。ビンテージな雰囲気が出ます。ネオカラーと混ぜて使用してください。 ビンテージな風合いの出るベースインク ハンカチ、Tシャツなどの印刷に 生地にしみこむタイプのシルクスクリーンインク(水性ベース)です。 使用メッシュ・スキージ 70メッシュ~150メッシュ・65A~のスキージをおすすめ 顔料(ネオカラー&グローカラー)の配合比率   ネオカラー グローカラー ベース 5%まで ホワイト 5%まで 5%まで*ただしホワイトには効果がない カラー 不可 感想 自然乾燥の場合 自然乾燥可能(但し、3日間は乾燥させないと十分な堅牢度を得ることができません。) 熱処理の場合 140°C・3分 120メッシュ〜150メッシュをご利用の場合 ※ご利用のこちらは常温で乾燥する為、細かい図柄を印刷すると版の目がふさがってしまう。 対策: こまめに濡れ雑巾で版を拭くなどの対応が必要。または油性、水性インク目詰まり解消スプレーを利用する

太陽光で感光について・製版について

今の時期ですと,太陽光で感光する時間はだいたいどのくらいでしょうか? 当社の技術者の経験は夏しかないので、冬の場合はどうかわかりません。 (夏の澄んだ天気30度前後、1分露光)太陽光線に直接する製版は、不安定なため感覚的にする方法以外にアドバイスするのは難しいです。 太陽光で感光について ・家庭用プリンタの場合は黒いフィルムをできるだけ重ねて光が透過しないようにします。・光が透過する感光液の色の変化が感じられる場合は、露光を中断し製版を洗浄します。(時間をチェックして10〜20秒単位で調整します。) メッシュに塗った感光液を洗浄して剥がし,メッシュは再利用できるのですか? 上記商品で剥離可能です。詳しい使用方法 対象感光液はページを参照してください。 https://premiumt.jp/web_shop/item/detail/pregasol.html上記商品で剥離可能です。詳しい使用方法、対象感光液はページを参照してください。 メッシュに塗った(感光後の)感光液の耐性期間はどのくらいでしょうか? 印刷回数と製版製作技術に関連があります。 (老化すると摩擦による剥がれが発生すると考えればいいです。)印刷回数がそれほど多くない場合はこの部分は考えなくてもいいと思います。逆に何度も印刷していないのに製版が壊れたら、正しく作られた製版ではありません。*製版時の感光液の使用量、露光時間、写真などを丁寧に記録してください。後で問題が発生したときにその記録した内容と結果を当社にお知らせください。 枠に貼ってからメッシュを洗浄する,とありましたがキッチン洗剤でも大丈夫でしょうか?使用不可な洗剤は? 油分を取り除くような感じで洗浄してください。ハンドソープ、家庭用食器洗剤を柔らかいスポンジなどを利用して製版の前後同時に洗浄してください。メッシュ専用の洗浄剤でない場合は、上記の洗剤以外はは使用しないでください。 下の「シルクスクリーンTシャツ自作したい方のためのガイド」をご参考ください。 https://premiumt.jp/silkscreen_jisaku_hajime_gaido

ゴーストリムーバー(5kg)剥膜処理後 ゴースト 除去剤

剥膜処理後の版に残ったゴーストの除去剤です。 粘度のあるペースト状です。 ご注意 アルカリ性のため、直接触れると危険です。 手袋と刷毛(又はバケット)を使用し、リムーバーに直接触らないようにご注意ください。 使用方法 落版した版に刷毛またはバケットでゴーストリムーバー単体を塗布します。 1時間~一晩常温で放置します。 水又はスクリーンウォッシュでゴーストリムーバーを洗い流し、こすり洗いします。 ※スプレーノズルで流す場合は、リムーバーが飛散すると危険なため、弱めの水流である程度落としてからご使用ください。 その他 ※スクリーンクリーナー(K638/K3W)をご希望の場合は別途お問い合わせください。 (リムーバーを希釈し漬け込みする場合や、クリーナーを洗い落とす際に使用。粘度を下げ、活性化効果) ._warning_p_mark, ._warning_mark {display:none!important;} ._caution_bikkuri2 {display:inline-block!important;}

【ラッシー】・繊維、画用紙などの浸透する水性インク・染み込む バインダー

綿・ウール・アクリル・編み物用 ソフト顔料バインダー 特殊アクリル樹脂を主成分に浸透性を重視した、超ソフトタイプのインスタント顔料バインダーです。 綿天竺、ウール、アクリルのセーター等の商品に最適です。 水性インクでは画用紙などの場合、水分を含み素材がたわむ場合があります。 しかし、常温で乾燥できたり、道具を水洗い出来るので扱いが簡単です。 画用紙などの浸透する素材には、本商品が使えます。 特殊アクリル樹脂を主成分に浸透性を重視した、超ソフトタイプのインスタント顔料バインダー 下伏せ専用 浸透ソフトホワイトバインダー 浸透着色顔料マットバインダー 全てのカラーは調色可能です。 商品 説明 ネオカラー グローカラー ベース 特殊アクリル樹脂を主成分に浸透性を重視した、超ソフトタイプのインスタント顔料バインダーです。 5%まで 5%まで スタンダードホワイト(下伏せ専用ホワイト) 下伏せ専用ホワイトは、特殊アクリル樹脂を主成分に開発した下伏せ専用ホワイトバインダーです。 ベースと併用すると、ラバープリントの風合いとは異なる風合いのやわらかい発色生の良い浸透着色プリントが可能です。 不可 不可 マットホワイト 浸透着色顔料マットホワイトは、特殊アクリル樹脂を主成分に開発した浸透着色顔料マットバインダーです。 中濃色生地にダイレクトにラバープリントの風合いと異なる風合いのやわらかい浸透着色プリントが可能です。 5%まで 5%まで カラー 顔料はマックスまで含まれています。※カラー同士で混ぜることは可能 不可 不可 パッケージ 1kg、500g、3kg パッケージイメージ ベースマットホワイトスタンダードホワイト(下伏せ専用ホワイト) 上記以外全てのカラー カラー表 1番〜34番:スタンダードカラー 41番〜52番:蛍光カラー カラー表の印刷方法 United Athle 5001-01 ホワイトにプリント印刷(2回ストローク)→ 乾燥 → 2回目印刷(2回ストローク)→ 乾燥 → 3回目印刷(2回ストローク)→ 乾燥 紙へ印刷 印刷回数※ 1回印刷 2回印刷 3回印刷 27.Green MB マットホワイトVS下伏せ専用ホワイト SD-40乳児・120メッシュ・9mmの75Aスキージー・2回印刷(印刷→乾燥→印刷→乾燥) 熱処理 自然乾燥可能(3日間放置) 堅牢度を上げるためにはベーキングをお勧めします。(140°C x 3分) 使用メッシュ・スキージ 80メッシュ〜180メッシュ・65A~スキージ 性状表 外観:白色ペースト 主成分:特殊アクリル樹脂 粘度:20.000~30.000 cps pH:7.0 士1 特徴 風合いが特に柔軟で発色良好、鮮明性に優れています。 浸透性が良いのでウール・アクリル等の編み物地に絡みがありません。 プリント面にタックがでませんので、プレスバインダーによる箔プレス加工との併用もできます。 耐洗濯性、耐ドライクリーニング(石油系)の堅牢度が良好です。 写真分解プリント等のハイメッシュプリントに最適です。 抜染プリント加工と併用すると、多着色抜染プリントができます。 --W-16 と併用すると、浸透若色プリントができます。 US-A と併用加工すると、共薄ブリードプリントができます。 標準処方例 ベース、マットホワイトのみ(※スタンダードホワイトは調色不可) 100 ネオカラーまたはグローカラー 5(~5%) フィクサー 3(2~3%) 計 102+5+3 工程例 下総伏せホワイトプリント80~120メッシュ → 乾燥 →...

製版乾燥機 (105cm X 82cmまで収納可能)

製版乾燥機の説明概要 業務用シルクスクリーン時短に。 製版用の速乾製版乾燥機(ドライヤー)です。 外寸105cm x 82cm x 9cmまで収納可能です。 電圧/ ワット数 220v (2000w) コンセントプラグコードなし(電気ケーブルのまま)て納品されます。 最大フレームサイズ(外径) 約105cm x 約82cm x 約9cm(高さ) 重量 約120kg 本体のサイズ 120cm x 90cm x 110cm フレームスペース 4スペース/ 約64x約53x約4.5cm 最高温度 約~70度 予熱時間 約20分

オリジナルカラー表

印刷回数※1回印刷2回印刷3回印刷1.Yellow M3G(基本3/4色)2.Yellow MGR3.Gold Yellow MG4.Gold Yellow MGR(原色分解)5.Gold Yellow MFR8.Orange MG9.Orange MGD12.Red MGD14.Red MFB(基本2/4色)16.Rubine MB17.Red Pink MB18.Rose MB(原色分解)19.Violet MFB20.Navy Blue MB21.Blue MR22.Blue MB(基本1/4色)23.Blue MG(原色分解)26.green MY27.Green...

メンバーログイン

プロフィール

登録

Join Us

This page and the content has been automatically generated for you to give you a basic idea of how a "Join Us" page should...

プラスティゾル カラー表(印刷版、実物版)SO、SM、FL、SH、PP、MC

インクの色はウェブ上で確認するのと、実際の色とでは異なる場合が多々あります。 これはお客様が使用しているパソコンのグラフィックスカード、モニター、または使用する携帯電話の機種により表現が異なるためです。 そのため、弊社にて可能な限り実際の色に近いカラー表を作成いたしました。 (蛍光物質が含まれているFLシリーズ、輝く効果が強い高光沢SHシリーズは実現が不可能であるため、あくまでも参考程度にご参照ください。) 実際の色をご希望の方は、実際のプラスチゾルインクを利用して印刷した【実物版】をご活用ください。 *印刷物の生地の元の色、インクの印刷の厚さに応じて表示される色の違いが発生することがあります。 印刷版 プリンターで再現したカラー表です。 SOシリーズ(マットインク) SMシリーズ(スタンダード・半光沢) FLシリーズ(蛍光)* SHシリーズ(光沢・きらめき)* PPシリーズ(四色分解) MC-シリーズ(ミックスカラー) その他写真 * *の表記は本物の色と実現するのは難しいため、あくまで参考程度としてご確認ください。 普通の紙に印刷した結果です。 実物版 実際のプラスティゾルインクをプリントしたカラー表です。 SOシリーズ(マットインク) SMシリーズ(スタンダード・半光沢) FLシリーズ(蛍光) SHシリーズ(光沢・きらめき) PPシリーズ(四色分解) MC-シリーズ(ミックスカラー) その他写真 * *の表記は本物の色と実現するのは難しいため、あくまで参考程度としてご確認ください。 生地に印刷後、厚手の紙に貼っております。  

マットプラスティゾルインク シルクスクリーン(1kg、4kg、20kg)高隠蔽・SO

マットタイププラスティゾルインク 高濃度の顔料と添加剤が含有された繊維印刷用高隠蔽プラスティゾルインクです。 印刷表面はマットで表現されます。 印刷 自動機械や半自動機械での多色印刷作業の時(PRINT -> HEAT -> PRINT) 印刷面とスクリーン版のべたつきを最小限に抑えて、作業性に優れています。 マットタイプインクの製作例 画像ソース:tcollector 高隠蔽(隠蔽力が高い)マットインクです。 カラー見本・写真 Base ベース(無色) Yellow イエロー Lemon Yellow レモンイエロー Black ブラック White ホワイト Orange オレンジ Scarlet スカーレット Super Red スパーレッド Gold Yellow ゴールドイエロー Purple パープル Marine Blue マリーンブルー Navy Blue ネイビーブルー Royal Blue ロイヤルブルー Mid Green ミットグリーン Sky Blue スカイブルー パソコンやスマホによっては実際の色と多少異なる場合があります。こちらの写真も本物の色とは多少異なることがあるます。 スーパーレッドとスカーレットの赤の色味の違い 基本的な赤は「スーパーレッド 」、スーパーレッドより若干黄みがかった色合いが「スカーレット」となります。 熱処理温度、時間 160°C・1分 使用メッシュ、スキージー 50〜150メッシュ、9mm/75Aスキージー以上 特徴 高濃度の顔料と添加剤が含有された繊維印刷用高隠蔽プラスティゾルインクです。 さまざまなカラーを簡単に実装することができます。 直接印刷、転写印刷など、様々な用途に使用可能です。 最終熱処理後の表面はマットで表現され、表面べとつきを最小化しました。 適用 濃色生地の場合、低メッシュ(数字が低)と厚膜製版使用すると隠蔽力が高くなるので、製版の厚さと印刷回数を調整して使用して下さい。 多色刷りと数回の印刷時に中間乾燥(Flash Cure)が必要なときは、200℃以上で5〜10秒程度が適しています。ただし、印刷の厚さ、その他の作業条件に応じて、未乾燥時の繰り返し熱処理してください。 伸縮性と柔らかさ性の向上と硬化促進のためにはFFインクを混合使用すると、良い効果を得るすることができます。ただし、余分な添加時の表面光沢、表面べとつきや隠蔽力の低下が発生することがあるから、約10%以下で混合使用することをおすすめします。 表面の光沢をなくしたいときは、マットエージェントを5〜10%の混合使用します。

シルクスクリーンインク(光沢・汎用)スタンダード プラスティゾル SM(1kg、4kg、20kg)

シルクスクリーンインク(光沢・汎用)スタンダード プラスティゾル 最も広く使用されている繊維印刷用プラスチゾルインクです。 印刷表面は光沢(つやあり)で表現されます。 印刷 自動機械や半自動機械での多色印刷作業の時(PRINT -> HEAT -> PRINT) 印刷面とスクリーン版のべたつきを最小限に抑えて、作業性に優れています。 スタンダードインクの製作例 80メッシュ 4246 SM Turquoise 印刷(2ストローク) 半乾燥 印刷(2ストローク) 乾燥 カラー見本 Base ベース(無色) Maroon マルーン Turquoise タコイズ Emarald Green エメラルドグリーン Yellow イエロー Lemon Yellow レモンイエロー Black ブラック White ホワイト Orange オレンジ Scarlet スカーレット Super Red スパーレッド Gold Yellow ゴールドイエロー Peach ピーチ Gray グレー Magenta マゼンタ Sienna シエナ Brown ブラウン Purple パープル Kelly ケリー Mid Blue ミッドブルー Marine Blue マリーンブルー Navy...

スポーツ用のTシャツに!ストレッチプラスティゾル(伸縮性)インク spandex(500g、1kg、4kg、20kg)FF

  スポーツ用のTシャツに!ストレッチプラスティゾル(伸縮性) 伸縮性、柔らかさと硬化促進に特化した繊維印刷用プラスティゾルスパンインクです。 使用メッシュ、スキージー 50メッシュ〜150メッシュ、75A/9mmスキージー以上 熱処理温度 160°C・50秒~60秒 特製 伸縮性、柔らかさと硬化促進に特化した繊維印刷用プラスティゾルスパンインクです。 最終熱処理後、表面は光沢で表現されます。透明度が優れています。ただし、単独使用すると表面にべとつきが発生する可能性があります。 通用 単独または混合使用時、高速硬化のために起こる生地変質を最小限に抑えられます。(高熱による生地変質が懸念される可能性が高いアクリル系、合成生地など) スパンテックスなど伸縮性に優れた合成生地に単独または混合使用すると良い効果があります。 優れた透明度と高速乾燥速度を持ち、高温に弱い光沢(グリッター)などを混合使用すると良い効果を発揮します。 すべてのプラスチゾルインク硬化の促進、伸縮性と柔らかさを向上されるために混合使用可能です。 単独使用時、表面にべとつきがでますので、(0020増粘剤)を0.5〜1%の混合使用すると、べとつきを最小限に抑えることができます。 インク容器開封後のインクの状態が固いように見えることができますが、これは製品の特性なので、製品には何ら以上がありません。 製品の特性上、熱に対する安定性が弱いので保管に注意してください。製品を長期間保管しないでください。なるべく早い時間内に使用してください。

パフインク・発泡 用 プラスティゾルインク(500g、1kg、4kg、20kg)PU

パフインク・発泡 用 プラスティゾルインク 印刷物を膨張させて立体的に引き立てできるプラスティゾル発泡インクです。 制作例 https://youtu.be/7iXmLIOBWo4 熱処理後以下のイメージの様にインクが形成されます。 印刷例:3回印刷(印刷 → 熱処理 → 印刷 → 熱処理 → 印刷 → 熱処理) 使用メッシュ、スキージー 80メッシュ〜130メッシュ、9mm/75Aスキージー以上 適用例 80メッシュの場合はハードな表面になる。 130メッシュの場合いは柔らかい表面になります。 熱処理温度、時間 160度 50秒~60秒 プリント方法・制作の例 製版はパッド部分、絆創膏全体の二つを用意します。 製版のパッド部分はPU-inkのみ(無色)でプリントします。 印刷後、熱処理(半乾燥)をします。※完全に乾燥せず、インクが指につかない程度 パッド部分の上に絆創膏全体を調色したSO-inkで印刷します。 二つの製版を印刷後、熱処理(完全乾燥)をします。乾燥後、パッド部分がぷっくり膨らんでいるのを確認します。   【Q&A】プラスティゾルインクのパフインク(PU-ink)を使用したが、思ったより膨らまないのはなぜ?   特徴 印刷物を膨張させて立体的に引き立てできるプラスティゾル発泡インクです。 発泡透明70〜80%に一般有色インク(SM&SO)20〜30%を混合使用してください。発色不足時にはミックスカラー(MCシリーズインク)を混合使用して下さい。 最終熱処理後の表面はマットで表現されており、発泡部分は滑らかでべとつきがありません。 適用 メッシュは90~130の首の使用をお勧めします。高メッシュ(130メッシュ以上)使用時は滑らかな印刷面を表現できます。 一般的なインク(SM&SO)と混合使用可能です。 多色刷りと数回の印刷時に中間乾燥(Flash Cure)が必要なときは、200℃以上で5〜10秒程度が適しています。ただし、印刷の厚さ、その他の作業条件に応じて、未乾燥時の繰り返し熱処理して下さい。 一般的なインクに比べて伸縮性と粘着力が不足するため、伸縮性と接着力が要求されている生地は、(FFストレッチインク)を混合使用すると、良い効果を得ることができます。ただし、余分な添加時の発泡効果が減少することがあります。 印刷後、高温と長い熱処理時間は、発泡面の縮小と表面の光沢が発生することがありますので、温度と時間調整に留意して下さい。

太陽光(紫外線)に反応 プラスティゾル特殊インク(200g、500g、1kg、4kg、20kg)UVC

太陽光(紫外線)に反応 プラスティゾル特殊インク 本製品は、光(紫外線)の存在の有無に応じて色が変化する特徴を持つ繊維印刷用プラスティゾルインクです。つまり、光がないところでは、発色がされず、光があるところで色が表示されます。 カラー・実物の写真 太陽の光(UV)に反応して色が出るため、太陽の光(UV)がないと色はほとんど出ない。 使用メッシュ、スキージー 50メッシュ〜150メッシュ、9mm/75Aスキージー以上 熱処理 160°C・60~70秒 特製 本製品は、光(紫外線)の存在の有無に応じて色が変化する特徴を持つ繊維印刷用プラスティゾルインクです。つまり、光がないところでは、発色がされず、光があるところで色が表示されます。 印刷技法に応じて様々な演出が可能です。 透過性が高く、隠蔽力が低いです。 最終熱処理後、表面は光沢で表現されます。 適用 透過性が高く、隠蔽力が低いので、白生地のみ印刷可能です。濃色の場合は白インク(SM スタンダードインク & SO マットインク)で下地印刷してください。 印刷(インク)の厚さが厚い場合は、光があるところでの発色が良いですが、光のないところでも発色することがありますので、作業前の発色状態を確認してください。 単独使用してください。(同じシリーズでも、単独使用をおすすめします。) 数枚印刷場合は、スキージング、圧力に注意してください。 光(紫外線)に長時間露光時に発色が低下します。

スウェード、ベルベット効果プラスティゾルインク(500g、1kg、4kg、20kg)SU

スウェード、ベルベット効果プラスティゾルインク スウェードとベルベット(velvet)効果を演出できる繊維印刷プラスチゾルインクです。 制作の例 上記商品のインクの配合比率 マットインク(SO-ink)約60% +スウェード、ベルベット効果インク(SU-ink)約20% +発泡インク(PU-ink)約20% 制作の例2 注意 最後はTシャツをプラテンから外して熱処理をすることがポイントです。プラテンから外さずそのままの状態で熱処理をすると、あまり膨らまない可能性があります。   【Q&A】プラスティゾルインクのパフインク(PU-ink)を使用したが、思ったより膨らまないのはなぜ?   硬化温度、時間 160°C・1分 使用メッシュ、スキージー 110メッシュ〜150メッシュ、9mm/75Aのスキージー以上 特徴 スエード(suede)、ベルベット(velvet)効果を演出できる特集プラスティゾルインクです。 スウェード、ベルベット透明80〜90%に一般有色インク(SM&SO)10〜20%を混合使用してください。発色不足時にはミックスカラー(MCシリーズインク)を混合使用して下さい。 最終熱処理後、表面はマットで表現されており、発泡部分は滑らかでべとつきがありません。 適用 110~150メッシュの使用をお勧めします。低いメッシュ使用するとスウェード、ベルベット効果が下がるので、高メッシュ(130メッシュ以上)の使用をお勧めします。 一般的なインク(SM&SO)と混合使用可能です。 多色刷りと数回の印刷時に中間乾燥(Flash Cure)が必要なときは、200℃以上で5〜10秒程度が適しています。ただし、印刷の厚さ、その他の作業条件に応じて、未乾燥時の繰り返し熱処理して下さい。 一般的なインクに比べて伸縮性と粘着力が不足するため、伸縮性と接着力が要求されている生地は、(FFストレッチインク)を混合使用すると、良い効果を得ることができます。ただし、余分な添加時のスウェード、ベルベット効果が減少することがあります。 印刷後、高温と長い熱処理時間は、スウェード、ベルベット面の効果と表面の光沢が発生することがありますので、温度と時間調整に留意して下さい。

四色分解(原色分解)プラスティゾルインク 写真の印刷(500g、1kg、4kg、20kg)PP

四色分解(原色分解)プラスティゾルインク 鮮明で透明色で構成された原色分解(Process Print)繊維印刷用プラスティゾルインクです。 制作例 https://youtu.be/KKl8o4cSZsQ ハーフトーンプリントの例 M(マゼンタ)→Y(イエロー)→C(シアン)→K※(ブラック) ※ 本デザインはブラックの効果が低いので印刷しない マゼンタをプリント → 指触乾燥 → イエローをプリント → 指触乾燥 → シアンをプリント → 硬化乾燥 → 完成 カラー見本の写真   Magenta マゼンタ Yellow イエロー Black ブラック Cyan シアン   パソコンやスマホによっては実際の色と多少異なる場合があります。こちらの写真も本物の色とは多少異なることがあるます。 硬化温度、時間 160°C・60秒以上 使用メッシュ、スキージー 150メッシュ〜200メッシュ、9mm/75Aのスキージー以上 特徴 手動での印刷する時にスキージー圧力を一定にしてください。圧力の変化により印刷結果が変わります。 鮮明で透明色で構成された原色分解(Process Print)繊維印刷用プラスティゾルインクです。 色は4色(マゼンタ、イエロー、シアン、黒)で構成されており、重複印刷を介して様々なカラーを表現することができます。 隠蔽力が低く、透過性が良く重ね印刷が可能です。 最終熱処理後、表面は光沢で表現されます。 適用 濃色生地に印刷する場合は隠蔽力が弱いので、必ず白(SM & SO)インクで下地印刷してください。 一般的な印刷方法は次のとおりです。 ①イエロー ②マゼンタ ③シアン ④ブラック ①イエロー ②シアン ③マゼンタ ④ブラック 数枚印刷場合は、スキージング、圧力に注意してください。カラーの濃度を下げたい場合は、透明(SM Base)を混合して濃度を調節して下さい。 多色刷りと数回の印刷時に中間乾燥(Flash Cure)が必要なときは、200℃以上で5〜10秒程度が適しています。ただし、印刷の厚さ、その他の作業条件に応じて、未乾燥時の繰り返し熱処理してください。

シルクスクリーン用 蛍光色 プラスティゾルインク(500g、1kg、4kg、20kg)FL

ラスティゾル蛍光色 一般の有機顔料では、表現できない明るい色を表現できるプラスティゾル蛍光インクです。 カラー見本の写真 Orange オレンジ Purple パープル Blue ブルー Yellow イエロー Red レッド Magenta マゼンタ Green グリーン Pink ピンク パソコンやスマホによっては実際の色と多少異なる場合があります。 こちらの写真も本物の色とは多少異なることがあるます。 硬化温度、時間 160°C・60~70秒 使用メッシュ、スキージー 50メッシュ〜150メッシュ、9mm/75Aのスキージー以上 特徴 一般の有機顔料では、表現できない明るい色を表現できるプラスティゾル蛍光インクです。 さまざまなカラーを簡単に実装することができます。 直接印刷、転写印刷など、様々な用途に使用可能です。 最終熱処理後の表面は光沢で表現されます。 適用 濃色生地に印刷する場合は際隠蔽力が弱いので、白(SM&SO)インクで下地印刷してください。 一般的なインク(SM&SO)と混合して、明るい色を実現することができます。 多色刷りと数回の印刷時に中間乾燥(Flash Cure)が必要なときは、200℃以上で5〜10秒程度が適しています。ただし、印刷の厚さ、その他の作業条件に応じて、未乾燥時の繰り返し熱処理してください。 伸縮性と柔らかさ性の向上と硬化促進のためにはFFインクを混合使用すると、良い効果を得るすることができます。ただし、余分な添加時の表面光沢、表面べとつきや隠蔽力の低下が発生することがあるから、約10%以下で混合使用することをおすすめします。

シルバー、ゴールド シルクスクリーン高光沢プラスティゾルインク きらめき SH(500g、1kg、4kg、20kg)

きらめき効果プラスティゾルインクを良く混ぜる https://youtu.be/pV103F_se6E きらめきプラスティゾルの制作例 ゴールド、シルバーのカラー・実物の写真 使用メッシュ、スキージー 50メッシュ〜130メッシュ(80メッシュおすすめ)、9mm/75Aスキージー以上をおすすめ 特徴 一般プラスティゾルインクに金粉や銀粉混合した物より、高輝度、高光沢、色の保全能力が優れ繊維印刷用プラスチゾルインクです。 直接印刷、転写印刷など、様々な用途に使用可能です。 最終熱処理後、表面は光沢で表現されます。 適用 単独使用をお勧めします。(一般インクと混色は可能ですが、きらめきの効果が下がります。) 空気と長時間接触時の色と光沢が低下することがあるので、使用後は必ずキャップを閉めて保管してください。 多色刷りと数回の印刷時に中間乾燥(Flash Cure)が必要なときは、200℃以上で5〜10秒程度が適しています。ただし、印刷の厚さ、その他の作業条件に応じて、未乾燥時の繰り返し熱処理してください。 最終熱処理後、表面は光沢で表現されます。

ビンテージ・クラックプラスティゾル・ひび割れ効果(500g、1kg、4kg、20kg)CK crack

ビンテージ・クラック・ひび割れ効果インク クラックゾルは一般的なプラスティゾルとは違い、印刷物のひび割れを特徴とした製品です。 (アメリカンイーグル、アバクロなどのアパレル会社でよく見られるビンテージなアメリカ風のインクです) 本製品は実際にアメリカンイーグル社でも採用されている大変信頼の置けるインクです。印刷物は古着のような風合いを演出しウォッシング(洗濯)を施すことで更に自然な風合いに仕上がります。 カラー Base ベース(無色) Crack Orange オレンジ Crack Scarlet スカーレット Crack Super Red スパーレッド Crack Lemon Yellow レモンイエロー Crack Yellow イエロー Crack Cyan Green シアングリーン Crack Cyan Blue シアンブルー Crack Marine Blue...

水着用プラスティゾルインク(ニット、スポーツウェアなど)500g、1kg、4kg、20kg SW

水着用プラスティゾルインク 伸縮性と接着性、耐障害性が良くスポーツウェア、水着などに使用可能な繊維印刷プラスティゾルインクです。 使用メッシュ、スキージー< 50メッシュう〜150メッシュ、9mm/75A以上スキージー 熱処理温度 160°C・60秒 特徴 伸縮性と接着性、耐障害性が良くスポーツウェア、水着などに使用可能な繊維印刷プラスティゾルインクです。 透明(4870 Base)70〜80%に一般有色インク(SM&SO)20〜30%を混合使用してください。発色不足時にはミックスカラー(MCシリーズインク)を混合使用して下さい。 直接印刷、転写印刷など、様々な用途に使用可能です。 最終的な熱処理後の表面は光沢で表現されます。 適用 汎用インク(SM スタンダードインク & SO マットインク)と混合使用可能です。 水着などのポリおよび合成生地の場合、染料移行の問題があることがあるから、染料移行がひどい場合染料移行止めを前処理した後に使用すると良いです。 製品の特性上、長期間の保管が難しいので、適正量だけご利用ください。 水着などのポリエステルおよび合成生地の場合は、染料移行の問題が発生する場合がありますので、染料移行止め(DGインク)を前処理(印刷)した後、使用してください。

染料移行止め・ブリード防止・ノンブリード用プラスティゾル(500g、1kg、4kg、20kg)DG

染料移行止め・ブリード防止・ノンブリード用プラスティゾル ブリード防止・ノンブリード用のプラスティゾルインクです。 100%ポリエステル、ポリ合成生地と綿/ポリエステル生地などの染料移行(Migration)が激しい生地の染料移行防止に優れた繊維印刷用プラスチゾルインクです。 使用メッシュ、スキージー 70メッシュ〜130メッシュ、9mm/75Aスキージー以上 熱処理温度、時間 160°C・60秒以上 特徴 100%ポリエステル、ポリ合成生地と綿/ポリエステル生地などの染料移行(Migration)が激しい生地の染料移行防止に優れた繊維印刷用プラスチゾルインクです。 下地印刷に使用され、迅速な乾燥速度で作業性の効率を最大化しました。 色はグレーカラーのみです。 通用 印刷の厚さが高いほど移染防止効果が良くなります。 単独使用をお勧めします。 染料移行(Migration)が激しい生地の場合は、素材の最終熱処理が終わった後、熱にさらさせないことがお勧めです。 過度の熱処理は、染料移行(Migration)を進めてしまうため、適切な熱処理が必要です。 多色刷りと数回の印刷時に中間乾燥(Flash Cure)が必要なときは、200℃以上で5〜10秒程度が適しています。ただし、印刷の厚さ、その他の作業条件に応じて、未乾燥時の繰り返し熱処理してください。 ノンブリードを100%保証することはできませんので、本作業の前にテストを行ってください。

テレピンうすめ液 プラスティゾルクリーナー

テレピンうすめ液 300ml入りのプラスチゾルを除去するテレピン油 シルクスクリーンの時に、プラスティゾルインク(プラスチゾル)を除去するクリーナーとして使用可能です。 プラスティゾルクリーナー 有機溶剤作業用マスク使用をおすすめ   プラスティゾルクリーナとして、水性油性目詰まりスプレーもあります。 使用方法のご案内 製版した枠に付いたシルクスクリーンのプラスティゾルインクを除去するテレピン油うすめ液です。 ウエス(いらなくなった生地)に付けて使います。 噴射機などに入れて使うと便利です。 下記の内容をご確認ください。 製版の掃除方法 テレピン油うすめ液のご注意 可燃性あり 使用後フタをすること。 有機溶剤含有 使用後、換気。 火気のある場所で使用不可。 直射日光、高温多湿を避けて保存。 子供やペット等の手の届かないところで保存。 缶は切ってから廃棄すること。 衣服に付着時は速やかに脱ぎ捨てること。 皮膚に付着時は大量の石鹸で洗い落とすこと。 目に入った場合、大量の水で洗い、医師の診断を受けること。 蒸気、ガスを吸い込んで気分が悪くなったら、空気の清浄な場所で安静にし、医師の診断を受けること。

プラスティゾルインク用の粘度低下剤・プラスティゾル希釈剤(100g、500g)0080

プラスティゾルインク用の粘度低下剤 プラスティゾルインクの粘度が高く粘度を下げる目的で混合して使用する粘度低下剤(希釈剤)です。 使用例 https://youtu.be/pV103F_se6E 特徴 プラスティゾルインクの粘度が高く粘度を下げる目的で混合して使用する粘度低下剤(希釈剤)です。 プラスティゾルインクと混合使用時、他の可塑剤に比べて印刷物の接着力が高く、可塑剤の移行現象も少なくなります。 すべてのプラスチゾルインクに混合使用が可能です。 使用量・使用方法 全プラスティゾルシリーズ混合時 - 使用:5〜10% ただし、クラックインクシリーズ混合時 - 使用:3%以内。 全プラスティゾルシリーズに混合時に特定の生地で可塑剤のにゴースト現象が発生することがあり、多量に使用するとクラックの効果が減少することがありますので、使用量は最小限に抑え、必ずテスト印刷後使用してください。 混合時に十分攪拌してください。 (例:SO-White 100gの場合は粘度低下剤 5g~10g使用) 容量 約100g、約500g

プラスティゾルインク用の浸透剤・希釈剤・染み込み・リバース・レベリング(90g、450g) 0070

プラスティゾルインク用の浸透剤・染み込み効果アップ 粘度が高い時にインクをスムーズにしたい場合や、生地に染み込ませて印刷する必要がある場合に混ぜて使用します。すべてのプラスティゾルインクに混合使用が可能です。 特徴 浸透剤(0070)はインクの粘度が高い時にインクをスムーズにしたい場合や、生地に染み込ませて印刷する必要がある場合に混ぜて使用します。 希釈剤(0080)に比べて少量でも粘度が大きく低下します。(希釈剤比30〜50%以上の効果があります) 規制対象のphthalateとPVC成分が含まれていない非毒性のプラスティゾル添加剤です。 すべてのプラスティゾルインクに混合使用が可能です。 *1レベリング(Leveling):水平にすること *2ナイフコーティング(Knife coating)方式:繊維に樹脂などを塗布することで、防水性や耐摩耗性などを高めるための工程の一種。 使用料 5%以内 (例:SO-White 100gの場合は粘度低下剤 5g~20g使用) 使用方法 インクの流動性を高め、レベリング*1を向上させるためのコーティング作業が(ex:*2ナイフコーティング)簡単にできます。 リバース(reverse)印刷方法:浸透剤を5〜20%程度混合して使用すると、生地にインクが染み込ませて、反対側の生地(裏面)に印刷効果が出ます。 通用 浸透剤の過剰に使用時、生地の特性によっては印刷物の周囲に油が広がるような汚染現象が発生することがありますので、使用目的に基づきテスト印刷後使用してください。薄い生地に効果的です。 使用後に残った製品は、キャップをしっかり閉めて保管してください。

ラビー(RUBBY)( 旧 ENインク)水性 ラバー インク 水性インク(500g、1kg、3kg)

ENインク印刷例 https://www.youtube.com/embed/aAh3Uvzqn38 *EN-5E使用 説明概要 EN水性ラバーインクは、自然乾燥で乾くインクとしては、版の目詰まりが起こりにくく、綿やポリエステルのTシャツに使用してもひび割れにくいです。ラバータイプは生地の上に伸縮性のあるインクの膜を形成し、生地の色の影響をあまり受けずに発色する事ができます。 2021年8月20日から300g→500gに変更しました。 用途 アクリルラバーバインダー 特長 堅牢度優秀、鮮明な色彩、光沢良ホワイトプリント面非粘着性良好マット高弾性・重色プリント良好 使用メッシュ・スキージ 70メッシュ~120メッシュ・65A~のスキージをおすすめ 顔料(ネオカラー&グローカラー)の配合比率 例:ベース100gに + ネオカラー10gまで = 合計110g   ネオカラー グローカラー ベース 10%まで 5Eホワイト 5%まで 5%まで ※ 2Eホワイト 5%まで 5%まで ※ ※ グローカラーの場合一般的には通常顔料(ネオカラー)~1%程度と併用して、濃度や輝度を調整頂くようお勧めしております。 その他オプション 架橋剤(接着力を上げる) フィクサーを2~3%まで添加して使用。(熱処理が必要) 5%以上混ぜると印刷面が生地にうまく付着せず、洗浄時に落ちてしまう可能性がありますので、必ず分量を守ってください。 5%より多くネオカラーを入れた場合はインクの粘度が下がり、生地の内側に吸収され易くなります。 それにより、濃色生地に対する隠蔽性が悪くなるので注意が必要です。 乾燥・熱処理 自然乾燥可能(但し、3日間は乾燥させないと十分な堅牢度を得ることができません。) 添加剤(プリントゲン、増粘剤、架橋剤など)入れた場合は必ず熱処理が必要です。135°C x 3分 保管方法 EN水性ラバーインク EN水性ラバーインク+ネオカラー EN水性ラバーインク+ネオカラー+遅延剤 上記の場合、ビニール袋、タッパー保管で、冷暗所6カ月保管可能 ※粘度が下がったときは、増粘剤を加えてください。 【Q&A】バインダーとネオカラーの保管場所、期間について 2Eホワイト VS 5Eホワイト 何が違う? 生地:united athle 5001 黒 80メッシュ2ストロークプリント -> 半熱処理 -> 2ストロークプリント -> 熱処理(完了) 2Eホワイト:半ツヤがあり隠蔽力が高い 5Eホワイト:マットな質感で隠蔽力は2Eより低い ENラバーインクについて 「EN」は昔からある基本的なインクです。自然乾燥で乾くインクとしては、版の目詰まりが起こりにくく、綿やポリエステルのTシャツに使用してもひび割れにくいです。 生地について ENシリーズとLactoria(旧アクアブライター)は撥水の付いていない一般的な繊維の生地に対応しています。(麻、綿、綿ポリエステル混紡、ポリエステル100%、アクリル、レーヨン) ._warning_p_mark...

シルクスクリーン機械装置

きじからTシャツ縫製サービスNewspaper WordPress Theme
年末年始休業日のお知らせ

平素よりpremiumTをご利用いただき誠にありがとうございます。誠に勝手ながら下記の通り、冬季休業とさせていただきます。

2021年12月29日(水)〜2022年1月3日(月)

休業期間にご不便をお掛けしますが何卒宜しくお願い申し上げます。