¥0

お買い物カゴに商品がありません。

お買い物の合計:44,000円(税込)以上の場場合、全国送料無料!(一部大型商品、メーカー直送を除く)

info@premiumt.jp

¥0

お買い物カゴに商品がありません。

【Q&A】インクを重ねてプリンタした後、気泡(ピンホール)のように見えてしまう。

研究所最新
ブログ最新投稿

よくある質問
シルクスクリーンQ&A

DTF転写シート1枚からオーダーspot_img

お知らせ
ニュース

PremiumT 15周年記念 割引商品リスト【会員のみ】〜2024年1月14日まで

15年間のご支援に感謝し、以下の商品を最大15%割引いたします。 機械類割引 一部のインク類割引 ご利用方法 ショッピング後、全ての商品をカートに入れて、...

LACTORIAのインクで困っています。
インクについては乾燥遅効剤を3%入れています
まず下地にホワイトを刷り、上からオレンジ、をプリントしています。
その際にオレンジが下地に上手くプリントされずに、下地のホワイトが気泡(ピンホール)のように見えてしまいます。
2度刷りしても変わりません。

インクを2種類重ねて印刷した際にピンホールが出来て、
下の印刷が見えてしまう場合、下記3種類の方法で解消できます。

  • インクの粘度を上げる。
  • 印刷するインクの量を増やす。
  • 白ベタなしでの印刷を検討する。

インクの粘度を上げる。

時間の経過や気温、液体の追加によりインクの粘度が下がることがあります。
この状態では、白ベタの上にインクを印刷する際にピンホールが生じる可能性があります。
インクの粘度を上げるためには、増粘剤の使用が効果的です。
エマコールR620が推奨されます。

印刷するインクの量を増やす。

インクの量が少ないとインクが弾かれやすくなります。
この問題を解決するためには、

  • スキージに力を入れて強めに刷る。
  • 硬いスキージを使用する。
  • 版のメッシュ数を荒いものに変更する。

白ベタなしでの印刷を検討する。

提供された写真によると、3回の印刷が行われています。
LACTORIAは高い隠蔽性を持つインクなので、白ベタなしでも使用可能です。
オレンジの発色が不足している場合、オレンジを何度も印刷することで解消できます。
LACTORIAラビーなどのラバーインクは最低2回の印刷が必要で、1回目は生地に吸収されるため、2回目以降で鮮やかな発色が得られます。
それでも足らなければ3回目の印刷をして下さい。

その他ピンホールについて

この「Q&A:コメント」を購読する
▶︎

0 Q&A
Inline Feedbacks
View all comments

シルクスクリーン機材
趣味からプロの方へ

きじからTシャツ縫製サービスspot_img
0
質問またはコメントを確認できます。x