【Q&A】プラスティゾルインクでポリエステル素材にプリント時、熱処理後にホワイトからグレーに変色してしまう。ブリード(昇華)現象<シルクスクリーン インク>

プラスティゾルインク・光沢スタンダードのホワイトに関することですが、綿100%に印刷後、乾燥かけた場合は変色しませんが、ポリエステルが多い素材に印刷後熱をかけると、グレーに変色してしまいます。 どうしたら良いでしょうか?

ポリエステル素材は、素材の色(染料)が熱処理時に浮き出てしまうことがあります。(ブリード)
対策として3つの方法をご紹介します。
①は大量にプリントする場合、②は一般的におすすめな方法となります。

①染料移行止めを使う

上記インクでプリント後に、さらに通常のプリントをします。
この場合は製版が二つ必要になります。
*印刷機などの機材がない方は、最終的なアウトラインを1mm〜0.5mm程度小さくすることがポイントです。

②プリント→熱処理、この工程を数回繰り返す

製版を通常よりも若干厚くし、1回目の印刷、完全に乾燥→2回目の印刷完全乾燥の順に行います。
*温度が高すぎる場合、染み込むことがあります。

③ブリード防止効果のTシャツを利用する

100%ブリードを防げるわけではありませんが、上記ボディのような商品を利用するのもおすすめです。

こちらのQ&Aもぜひご参照ください!

▶︎ 【Q&A】プラスティゾル スカーレットをポリエステル素材の黒にプリント後、色が薄くなり変色してしまう

0 Q&A
Inline Feedbacks
全てのQ&Aを見る