【Q&A】スポットドライヤー(フラッシュドライヤー)での熱処理、ブルーモデル(プラテンセンサー付)がおすすめな理由は?<シルクスクリーン 機材>

ロータリー(回転式)印刷機を使用している場合、スポットドライヤーはどのモデルがおすすめでしょうか?

通常は、回転印刷機がある場合=ブルーモデル、ない場合=オレンジモデルがおすすめとなります。

ブルーモデルとオレンジモデルの違いについて

ブルーモデル

プラテン感知センサーがある。(プラテンが検出されると、ON/秒単位の設定自動OFF)温度センサーがない。

オレンジモデル

温度センサーがある。(一定温度に達すると、自動OFF) プラテン感知センサー無し。

 50×60(semi-auto・ブルー)50×60(オレンジ)
温度感知センサー(自動on/off)
プラテン感知センサー(自動on/off)
タイマー設定(自動on/off)
温度感知
パワー6000w / 220v
単相 (アース付き)
3600w / 220v
単相 (アース付き)
ご注意本体の設定温度と印刷物の表面の温度は違いますので、デジタル温度計を装備し、印刷物の表面温度を必ずご確認ください。

プラテン感知センサーの特徴

回転印刷機を使用時、プラテンがドライヤーの端に来た時にセンサーが感知し、熱処理のスイッチが自動にON-OFFされるため大変便利です。
逆に温度感知センサーはないため、1箇所に熱を当て続けるとインクが溶けたりテカリが出る(焦げる)原因にもなりますので、注意が必要です。

熱処理時の注意

プラスティゾルインクの熱処理は通常「160度で1分」となっています。
ですが、この時間は一般的な目安となります。
この熱処理の時間はスポットドライヤーとプリント面の距離、デザインのサイズ、インクの厚さにより変化します。

例:弊社での使用例をご紹介

ホワイトを2回ほどスキージングします。
インクがしっかりのれば、一度熱処理します。
一度の熱処理時間は160度でわずか7秒です。回転台を動かし、これを数回繰り返します。一度に長い時間は当てません。
インクが指についてこないか確かめます。
続いてブラックをスキージングします。
しっかりインクがのっている状態です。
最後はTシャツをプラテンから外して熱処理します。
こまめに温度確認をすることをおすすめします。
プリント面とドライヤーの距離(隙間)は3cmです。

熱処理のポイント

弊社では、最終的にトンネルドライヤーにて乾燥させるため、スポットドライヤーでは長い秒数での熱処理は行いません。
そのため、プリント面とドライヤーの距離は3cm、熱処理時間は7秒と短く、回転台を動かして細かく熱処理を繰り返します。

この3cmほどの距離では10秒ほどの熱処理でも白い煙が出てしまうことがあります。
煙が出ている状態ではインクが溶けてきてしまうので、熱処理の時間が長すぎるという目安になります。

スポットドライヤーでの熱処理は、一般的には10cm前後の距離で、1分の熱処理が目安です。
なぜ弊社ではこの3cmなのかというと、距離が離れると熱が逃げるため、中心部分と端部分では温度に差が出てムラが出ます。
距離が近い方がプリント面に対して温度が一定に近い状態をキープできるというのが利点です。

その際に重要なのが、プラテンに余熱がある状態であること、インクが厚すぎないこと(厚いと内側が乾かない)、常に温度を測ることです。

網点プリントでの熱処理

ブラックをスキージング
熱処理時間を7秒にセットします。
短い熱処理を繰り返します。
出来上がりです!
ちなみに…このベストにはレーザー温度計を入れる専用のポケットがついています!
シルクスクリーンに使う道具をしまえる専用のベストです。

こちらもご参照ください

【Q&A】スポットドライヤー(フラッシュドライヤー)での乾燥時間、温度について

【Q&A】フラッシュドライヤー(スポットドライヤー)設置について、電気工事は必要?

【Q&A】ナイロン素材に印刷する場合のおすすめインクは?熱処理はできる?

0 Q&A
Inline Feedbacks
全てのQ&Aを見る