スポットドライヤー(フラッシュドライヤー)インク 熱処理 乾燥機

flash-dryer
  • お勧め商品
商品番号:flash-dryer
オプション
オプション
獲得ポイントレート:1%
在庫状態:在庫有り
商品の内容を十分に理解して自己責任のもとに使用してください。

予約注文は代引き不可

初期不良、故障についてご確認ください。

セット割引
同じ商品を
0個以上で0%、0個以上で0%、0個以上で0%引き
¥89,400(税別)
数量

配達について

予想される
最小梱包サイズ
送料無料:北海度、沖縄、離島など送料別
※配送料金表
発送日目安 即日
発送日目安の意味/別送の意味 即日発送の意味:12時までのご注文で、12時半までに入金確認がとれた商品に限り即日発送いたします。在庫なしの場合は、発送できませんのでご理解よろしくお願い申し上げます。
商品入荷後の意味:通常2週間前後で発送いたします。
100kgを超える商品は、入荷まで通常1ヶ月かかります。

メーカーからの発送:メーカーと在庫を共有しておりません。在庫がない場合もありますので、ご理解ください。
Tシャツメーカーからの発送:メーカーと在庫を共有しておりません。在庫がない場合もありますので、ご理解ください。
ご注文後、数量により配送サイズが変わります。
flash-dryer

ブルーとオレンジの違いについて

 ブルーオレンジ
温度感知
温度感知センサー(自動on/off)
プラテン感知センサー(自動on/off)
タイマー設定(自動on/off)

熱処理方法

本体の設定温度と印刷物の表面の温度は違いますので、デジタル温度計を装備し、印刷物の表面温度を必ずご確認ください。
印刷物を乾燥する方法は下記の3つあります。

  1. ひたすらフラッシュドライヤーのみ仕上げ *トンネルドライヤー(コンベアー)がない場合
  2. トンネルドライヤーがある場合
  3. フラッシュドライヤーも、トンネルドライヤーもない場合 ヒーティングガン仕上げ

1.番の場合

45×45、50×60:温度を高く設定し(50x60semi-autoは時間を長く設定)、フラッシュドライヤーと印刷物との距離を調節する。
印刷物の表面温度が、10秒以内に160度から180度以上に上がらないよう距離を調節(160度で10〜15秒間ベーキング)

2.番の場合

*ポイントは5秒以内に瞬間熱処理をするように設定する。

45×45

温度を160度前後に設定フラッシュドライヤーと印刷物との距離を密着。

50×60

温度を160度前後に設定フラッシュドライヤーと印刷物との距離を密着。
ベーキング設定温度に達すると自動的にOFF

50×60(semi-auto)

動作時間を設定、フラッシュドライヤーと印刷物との距離を密着自動的にプラテンを探しだします。
ベーキング設定時間に達すると自動的にOFF

トンネルドライヤーで仕上げ

プラスティゾルの場合トンネルドライヤーの温度を170度前後に設定し1分間ベーキング(印刷物自体の温度が160度〜170度かどうかをチェックする。)

3.番の場合

全体的に軽く熱処理後、約5cm~10cmの距離を維持し熱が伝達されたところで、約20秒以上の熱処理をする。

50cmx60cm熱処理機(プロ用)

温度センサー

温度センサー

温度計について

*機器の温度センサーを下の方向にすると、機器の温度ではなくプラテンの上面の物の温度をチェックすることになります。
そのため、温度計の温度は、すぐ下にプラテンがない状態の場合空中の温度を指すことになり、実際の印刷物の温度との誤差が発生してしまいます。
そのため、生地の実際の温度を測っていただくためには、レーザーの温度計をご利用いただくことをおすすめいたします。

説明概要

スポットドライヤー プロの方におすすめ!!

温度設定

プラスティゾル:160℃~170℃ 、水性ベースインク(メーカーによります):120℃~160℃。
プラスティゾルや水性のインク乾燥機(熱処理機)です。ウォームアップ時間5分〜15分前後。40cmのものは本体と脚の回転が可能です。プラスティゾルインクの硬化時間約5cm程度の間隔で、20秒前後です。

50cm x 60cm スポットドライヤー

※ランプは含まれています。


プロの方におすすめ!!

スペック

ヒーティングサイズ 50cm x 60cm
パーワー 220V / 3600watt
高さ調節 750mm~950mm
特徴 温度調節付き
設定温度に到達すると自動的に電源が落ちます。
スポットドライヤー(フラッシュドライヤー)です。
プラスティゾルや水性のインク乾燥機(熱処理機)です。
ウォームアップ時間5分前後
ファンを起動させると、効率が20%〜30%向上します。印刷面とフラッシュドライヤーを最大限密着させます。
中国産
コンセントプラグの種類 コンセントプラグなし(電気線のままの状態)単相(+アース)220V
安全のため、コンセントとコンセントプラグは単相+接地、200~220V/30Aがおすすめです。
※電気工事に連絡して確認してください。
当店のプラスティゾルインクの硬化時間 約5cm程度の間隔で、約20~30秒です。(*個人差があります。あくまで目安となります。)
当店の水性ベースのインクの硬化時間 約5cm程度の間隔で、約10〜20秒です。(*個人差があります。あくまで目安となります。)
高熱が出る機械ですので、自己責任の元、ご利用ください。
ウォームアップとテストのため、開封した跡がありますが、ご安心ください。(ウォームアップテスト、30分間起動テスト)
感電、故障防止のために、
アースを接続していただくこと。

プラスティゾルインクのテスト

テスト程度 仮乾燥 完全硬化
10cm 約15秒
約10秒*
約60秒
約50秒*
5cm* 約5秒* 約20秒*
3cm* 約4秒* 約15秒*
*ファンを動作

50cm x 60cm スポットドライヤー(Semi-Automatic)


プロの方におすすめ!!

自動ON/OFFセンサー付き

スペック

ヒーティングサイズ 50cm x 60cm/AUTO
パーワー 220V / 6000watt
高さ調節 750mm~950mm
特徴 温度調節付き
ヒーティング部分にセンサーが付いておりロータリー機材のプラテン(パレット)が来ると、自動的に作動します。
設定温度に到達すると自動的に電源が落ちます。
ロターリのプラテンが来ると自動でON/OFFします。
全部で6個のランプがあり、それぞれ2つで1つで、単独パワーボタンがあり印刷の大きさによりエネルギーを節約できます。
スポットドライヤー(フラッシュドライヤー)です。
プラスティゾルや水性のインク乾燥機(熱処理機)です。
ウォームアップ時間5分前後
ファンを取り付けると、効率が20%〜30%向上します。印刷面とフラッシュドライヤーを最大限密着させます。
中国産
コンセントプラグの種類 コンセントプラグなし(電気線のままの状態)単相(+アース)220V
安全のため、コンセントとコンセントプラグは単相+接地、200~220V/30Aがおすすめです。
※電気工事に連絡して確認してください。
当店のプラスティゾルインクの硬化時間 約5cm程度の間隔で、10~20秒秒前後または10秒前後2回(*個人差があります。あくまで目安となります。)
当店の水性ベースのインクの硬化時間 約5cm程度の間隔で、10秒前後です。(*個人差があります。あくまで目安となります。)
高熱が出る機械ですので、自己責任の元、ご利用ください。
ウォームアップとテストのため、開封した跡がありますが、ご安心ください。(ウォームアップテスト、30分間起動テスト)
感電、故障防止のために、
アースを接続していただくこと。

約45cmx45cm(変更後)

※モデルの形状が少し変更となりました (熱処理の範囲が、40cmから45cmに広がりました)

※ご注意!110vのモデルは温度コントローラーなし

ヒーター部分横

ヒーター部分横
ヒーター部分約43cm

ヒーター部分縦

100vモデル:ヒーター部分縦
ヒーター部分縦約44cm

ヒーター部分縦2

ヒーター部分全長約72cm

使用方法

    1. 本体の電源をつける
    2. 使用後、約15分程度熱が冷めるまでお気をつけください。
    3. 本体の電源を切る

本体(ヒーター)と脚(キャスター)の回転が可能です。

スペック

ヒーティングサイズ 高さ調節
40cmX 40cm(変更前)
約45cmx45cm(変更後)
110V / 60hz / 2000w/ 最大温度約180度
220v / 50hz / 2000w/ 最大温度約180度
75cm~120cm 中国産
スポットドライヤー(フラッシュドライヤー)です。
プラスティゾルや水性のインック乾燥機(熱処理機)です。
ウォームアップ時間20分前後
日本の家庭は大体1500wまでのコンセントを使用して、電線はほとんどVVF1.6mmを使用します。
安全のため、20Aサーキットブレーカーや20Aコンセントへの交換が必要となります。
※各家庭ごとに異なりますので詳細については、電気工事に連絡して確認してください。
当店のプラスティゾルインクの硬化時間 約5cm程度の間隔で、20前後です。(*個人差があります。あくまで目安となります。)
(印刷面の温度が160℃以上になることを、温度計を使用して確認してください。)
熱処理の温度が、プリントの色落ち、クオリティーに影響します。
当店の水性ベースのインクの硬化時間 約10cm程度の間隔で、15秒前後です。(*個人差があります。あくまで目安となります。)
状況に合わせて、テストを行ってください。
コンセントプラグの種類
一般家庭の場合、下記のようなアダプタをご利用ください。(別売)
変換アダプタ 3P→2P アースコード付き(1500W以上)
高熱が出る機械ですので、自己責任の元、ご利用ください。
ウォームアップとテストのため、開封した跡がありますが、ご安心ください。(ウォームアップテスト、30分間起動テスト)
感電、故障防止のために、アースを接続していただくこと。

中古について

販売終了
試用期間:約1年6ヶ月
6ヶ月間保証

flash-dryer

初期不良、故障について

無償保証期間:ご購入から1年

無償保証期間内の故障について

通常の宅配便を利用して(170サイズ未満の機器の場合)発送可能な商品の場合、当社では修理対応が可能です。

  • 修理費、部品の費用は発生しません。
  • 送料は当社で負担いたします。
  • お客様ご自身での交換でも構いません。

※但し、自然故障以外の、お客様の不注意による部品の破損等は無償保証の対象外となります。この場合、往復の送料と修理費がかかりますので、必ず事前にご連絡ください。

無償保証期間内の大型商品の故障について

大型商品の場合は、直接修理は不可能となりますので、メーカーから部品を供給する方法で対応します。部品の交換は簡単です。それでも修理が困難な場合、修理映像、写真などで対応いたします。

  • 修理費、部品の費用は発生しません。
  • お客様ご自身での交換となります。

※但し、自然故障以外の、お客様の不注意による部品の破損等は無償保証の対象外となります。この場合、往復の送料と修理費がかかりますので、必ず事前にご連絡ください。

無償保証期間外の故障について

通常の宅配便を利用して(170サイズ未満の機器の場合)発送可能な商品の場合、当社では修理対応が可能です。

  • 修理費、部品の費用が発生します。
  • 往復の送料はご負担ください。

無償保証期間外の大型商品の故障について

大型商品の場合は、直接修理は不可能となりますので、メーカーから部品を供給する方法で対応します。部品の交換は簡単です。それでも修理が困難な場合、修理映像、写真などで対応いたします。

  • 部品の費用が発生します。
  • お客様ご自身での交換となります。

flash-dryer

DIY商品です。

本商品は、DIY 商品です。
組立はお客様でお願いいたします。

flash-dryer

ご注意

  • 本商品の製造特性上、キズがある可能性がございます。
  • 若干の部品が異なる場合があります。
  • 外観のサイズ、デザインは、多少異なる場合があります。
  • 気になる方はご購入前にご連絡ください。

上記の理由から交換、返金は不可ですのでご注意ください。ご協力お願いします。気になるお客様は、購入前に、当社にお問い合わせください。

  • Q&A( 11 )

11
質問またはコメントを残す

笠原啓二郎

プラスティゾルインクをスポットドライヤーで乾燥させた後にアイロンなどでインクを定着させた方がいいのでしょうか?
それともスポットドライヤーのみでも大丈夫でしょうか?教えて下さい
宜しくお願いします

premiumT

フラッシュドライヤーで乾燥する場合には、以下のリンクのような温度計を用いて、生地表面のインクをチェックして160度以上の温度を約10秒維持します。熱処理温度が強すぎると、意図しない光沢が発生する可能性があります。
https://premiumt.jp/web_shop/item/detail/PM6530B.html

熱処理時強い圧力を与えると印刷面を滑らかにする効果が生まれます。
直接アイロンをすると、インクが溶けてアイロンに付いてしまいますので、必ず
テフロンシートを当ててアイロンをします。

熱処理方法
1.フラッシュドライヤー乾燥(160度以上、約10秒間) – >完了
2.フラッシュドライヤー乾燥(160度以上、約10秒間) – >アイロンやヒートプレス(テフロンシート) – >完了

1.番の結果は、印刷後の結果と同じである。
2.番の結果は、印刷後の表面を滑らかにする効果がある。

笠原啓二郎

ありがとうございました!

premiumT

在庫がある商品:50cmx60cm熱処理機(プロ用)のモデルですが、温度が105度前後で、上がらないです。
どうすればいいですか?

premiumT

【実践していただきたい作業】
1・写真のように距離を調節してください。(約5cm)
フラッシュドライヤーとプラテンの距離約5cm
2・ファンをONにしてください。
3・温度は399度でOKです。(あとで調節してください。)
4・テスト用の生地に印刷して、プラテンの上に軽くのせます。(本ページの動画をご参考してください。「1分13秒」)
5・機器のウォームアップし5分後、印刷した生地に熱をかけて約1分間待ちます。(煙が出る場合、機器には問題がないということです。)
*実際には煙が出る前の方がいいタイミングです。
6・20秒以内に煙が出ない場合は温度が低いという意味になりますので、フラッシュドライヤーとプラテンの距離を近くしてください。

*機器の温度センサーを下の方向にすると、機器の温度ではなくプラテンの上面の物の温度をチェックすることになります。
そのため、温度計の温度は、すぐ下にプラテンがない状態の場合空中の温度を指すことになり、実際の印刷物の温度との誤差が発生してしまいます。
そのため、生地の実際の温度を測っていただくためには、レーザーの温度計をご利用いただくことを
おすすめいたします。