¥0

お買い物カゴに商品がありません。

お買い物の合計:33,000円(税込)以上の場場合、全国送料無料!(一部大型商品、メーカー直送を除く)

info@premiumt.jp

¥0

お買い物カゴに商品がありません。

【Q&A】プラスティゾルインクでプリントして数日後、テレピンでも拭き取れない目詰まりが発生する原因は?<シルクスクリーン 油性インク>

More articles

人気の機材

プラティゾルインクは熱を加えないと固まらないと思うのですが、使用して何日かそのままにしておいた版がテレピン液で拭いても拭き取れない目詰まりが何ヶ所かありました。
こういうことはよくあるのでしょうか?

基本的には再利用のために軽く拭いてから保管することをお勧めします。
そのままで保管した場合、たまに起きてしまう現象です。
布にテレピンを染み込ませて、前後同時に拭いてください。
おそらく、製版自体に軽く感光液の膜が形成されているのかと思います。
製版後の角度を流しながら、光に照らして薄い膜が形成されていないことをよく確認してください。

0 Q&A
Inline Feedbacks
全てのQ&Aを見る
きじからTシャツ縫製サービスspot_img

Latest

栗田化学の感光液全製品価格上昇につきまして

原材料の価格上昇により今年初めに価格上昇がありましたが、
2022年7月14日より価格が下記のように変更されます。
ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

KV-920:4,750円、
SD-40R:3,120円、SD-40:2,820円、SD-90A:4,480円、
AF-101:2,870円、AF-120:2,870円、AF-140:3,220円、
EX-2000:6,390円、EX-700:7280円

0
Q&A!x