ダンサーイベントオリジナルTシャツ製作風景

anceオリジナルTシャツオーダーメードpremiumT

ancestorオリジナルTシャツオーダーメードpremiumT

ancestor2オリジナルTシャツオーダーメードpremiumT

ancestor3オリジナルTシャツオーダーメードpremiumT

ancestor4オリジナルTシャツオーダーメードpremiumT

本日のオーダーTシャツのクライアントは代々木の某ダンサーの方です。

ダンサーも十分にアーティストなので、もちろん割引の対象です。

のちほどアンケートもアップします。

代々木のオリンピックセンターで8月16日に行われる

Ancestorという代々木ダンサーたちの集うイベントのTシャツです。

レッドにイエローのロゴが明るくて気持ちいい。

Tシャツボディー:PRINTSTAR レッド・ブラック・ホワイト

カラー:1カラー×3種類

http://www.ance.jp/event/special/ancestor2009.html

(代々木のラウンジ”ANCE”)

オリジナルTシャツアップデート!!!

オリジナルTシャツオーダーメードpremiumT写真

オリジナルTシャツ制作

Tシャツ:お持込み(ユニクロポロシャツ)

カラー:2カラー

データ:illustrator

地元(聖蹟桜ヶ丘)で受付けた、

オリジナルTシャツをアップデートしました。

ポロシャツにロゴのシンプルなTシャツ。

お持込みも随時受付中です。ボディーの種類は特に指定はありません。

今までも、スポーツ用にコンバースのポリエステル100%素材のTシャツに

プリントしたことがあります。

熱処理が困難なため、ポリエステル100%は少し

難しいのですが、不可能ではありませんので、ご相談ください。

また、スカーフやのぼりなど、Tシャツ以外のオリジナルプリントも

受け付けています。

シルクスクリーン製品について(アゾフィックスNo.1)

af101

アゾフィックスNO.1とは?

感光液。シルクスクリーンの版を光で変化させて、黒い部分のみが反応して

水で洗うときれいにはげ落ちる。その部分にインクを刷り込んで、印刷を実現させる。

ジアゾタイプ(DIAZO TYPE)で
環境に良くない、重クロン酸(sodium dichromate)が含有されたコンソールシリーズ (コンソールシリーズは良いことは良いですが..) とは違います.

細密な作業のためには普通 AF-101 以上の数字のバージョンをお勧めしますが,
私の経験では、この製品だけでも充分に細密な作業をすることができます。
(私の場合この製品のみを主に使います.)

この製品の短所としては、湿り気に弱いという点をあげることができます。

日本のようにじめじめする天気が多い場合にはその短所がたびたび現われたりしますが,
この短所というのが工場のように大きい規模の場合に見られるものなので、
100‾500枚位作り出す規模単位(私のように)のアトリエには
あまり大きく作用しないです.
あるいは短所を補うために, コーティング(類題がはげアンドにコーティングすること)をすることもできます.

原色分解あるいはとても細い線(ベクターソフトウェアで約 0.6pt程度は充分に表現可能)位非常に立派な製品だと考えられます.

実際に、とても幅広く色んな所で使われる製品です.

当店でも販売しているのでこちらをクリック! af-101 感光液

乳剤の種類  耐溶剤性感光乳剤(酢酸ビニール系)
特徴      露光時間の幅が広く、作業性が良い。
固形分    29.7%
粘度      13,000 mPa・s
剥離性    剥離液(レクリーン400)により剥離可能
ライフ      約1ヶ月(冷暗所保管・感光基混入後)
ライフ(PS版) 約1ヶ月(冷暗所保管)
混合方法   感光基(Qジアゾ)  6g
   色素(ブルー)  18g
   水または温水(40℃)  94g
   乳剤 900 g
*感光基・水または温水を混合後、顔料・乳剤と混合して  約1昼夜放置し、脱泡してご使用ください。
用途例   POP等看板関係、その他一般印刷関係

http://www.kuritakagaku.co.jp/(参考サイト:株式会社栗田化学研究所)

ダンス Tシャツ GGM

ggm
制作:2009年5月

制作目的:2009年5月7日に行われた代々木の
ハウスダンスサークルGZMのチームGGMの
ショーケース用Tシャツ制作。

ロゴデザイン:storyterror
(Tcollectorアーティストstoryterrorがデザインしました。)

サウンドフォームをイメージしたロゴTシャツです。

Tシャツ:PREMIUM COTTON100% gongDUST by Tcollector
PREMIUMTオリジナルアーティストTシャツ制作例

やわらかい素材なので、とても踊りやすかったと評判がよかったです。
「ダンスをずっと続けていこう。GZM」

アーティストファイル001 イナイタカオミ

イナイタカオミ様イメージ

アーティストオーダーTシャツ製作アンケート

アーティスト名

(イナイ タカオミ ) 

活動内容

(梱包用テープを使用したイラスト製作) 

1.今回premiumTでオーダーするに到った経緯を教えてください。

 (デザインフェスタにて、Tシャツを購入しました。自分でもTシャツを作ろうと思っていた時だったので、購入したデザイン性や着心地を考慮した際にお願いいたしました。) 

2.アーティスト活動の内容をご紹介ください。 

( LIVE ART・イラスト・デザイン・壁画アートなど。) 

3.premiumTでのTシャツ製作で、印象に残ったことがあったら教えてください。   

1枚1枚を丁寧にTシャツを作る姿や、作り手とアーティストの距離感がよく

こちらの要望にも応えてくれて、良いTシャツが出来上がったと思います。

1枚1枚を大切にしていきたいと思いました。) 

4.今後premiumTに求めることがあれば、お聞かせください。 

Tシャツの種類が多いのは良いのですが、1つ1つの大きさがバラバラなので

イラストのサイズを決めるのが難しかったです。

生地や色の豊富さは有難いので、サイズの統一感が少し欲しかったです。)

アーティストの方とTシャツ制作2

今日夜6時から、アーティストの方にアトリエに来ていただいて

ドキドキのプリントに立ち会っていただいた。

水性インクは速乾性なので、少し遅延剤を混ぜてもすぐに乾いてしまうため、

今日その場で色をつくってもらった。

赤、青、黄色、白の適量を紙コップに調合して、きれいな茶色を作っていく。

かなり地道で根気の入る作業。色ときちんと向き合える時間だ。

さすがアーティスト、「なんか楽しい」と言いながら、根気よく楽しんで色作りをしていただいた。

普段なかなか3原色で色を作る機会がないので、新鮮な作業になった。

(私はTシャツ制作が日常茶飯事なので、3原色で色をつくってますが、それでも

なかなか思った色を作るのが難しい・・・。)

裾ギリギリまでプリントのあるTシャツは、テストの時ドキドキだったが、

黒、赤、金というオーソドックスでなじみのいい色合いのため、

思ったとおり、最後の金の色がプリントされたとき、場にいた全員が感嘆の声をあげた。

「すごいいい!」

鮮やかで、少し寿チックで発色がたまらなく気持ちいい。

Tシャツ製作で一番やりがいを感じる瞬間でもある。

 

その後同じ色を、少しくすんだピンクのTシャツにプリントしてみたが、

金が思いのほかうまく発色せず、断念。

Tシャツプリントは、パソコン上で色合わせしてみてもうまくいかない。

本番で刷ってみないと、微妙な印刷位置など、調整が利かないのだ。

今回も、事前に紙印刷したデザイン画を、Tシャツに合わせてみて、

実際の印刷の位置を調整した上、製版をし、Tシャツにプリントしたのだが、

中の一つに、実際に印刷をしてみたら、「あれ、思ったよりインパクトがないぞ。」

というものがあった。デザイン画のサイズが気持ち小さい印象なのだ。

アーティストの方は、「やっぱりこれじゃあ小さいんで、左右に4センチくらい大きくします。」

ということで、再製版することになった。(製版代が余計にかかるにも関わらず、

納得がいくまで妥協しない姿勢はさすがアーティストです)

そんなこんなで、9時半ごろまでTシャツ制作の現場に立ち会っていただいて、

すべて決定し、終了。

これからすべてのTシャツをプリントして、5日後にはお手元にお届けする。

最初から最後まで、目で見て確認していただいたため、

確実に喜んでいただけるのがわかってるため、すごく気持ちがいい仕事をした気分。

楽しい作業だった。