Azocol z 1/3 感光液 KIWO エマルジョン

kiwo-azocol-z-1-3
  • 新着商品
商品番号:kiwo-azocol-z-1-3
オプション
獲得ポイントレート:0%
在庫状態:売り切れ
商品の内容を十分に理解して自己責任のもとに使用してください。

セット割引
同じ商品を
0個以上で0%、0個以上で0%、0個以上で0%引き
¥3,880(税別)
数量

配達について

予想される
最小梱包サイズ
ゆうパック60サイズ〜
※配送料金表
発送日目安 即日
発送日目安の意味/別送の意味 即日発送の意味:12時までのご注文で、12時半までに入金確認がとれた商品に限り即日発送いたします。在庫なしの場合は、発送できませんのでご理解よろしくお願い申し上げます。
商品入荷後の意味:通常2週間前後で発送いたします。
100kgを超える商品は、入荷まで通常1ヶ月かかります。

メーカーからの発送:メーカーと在庫を共有しておりません。在庫がない場合もありますので、ご理解ください。
Tシャツメーカーからの発送:メーカーと在庫を共有しておりません。在庫がない場合もありますので、ご理解ください。
ご注文後、数量により配送サイズが変わります。

使用方法はkv920とほぼ同じです。

製品名

AZOCOL Z 1/3

物質の特定

単一製品·混合物の区別:混合物
化学名:酢酸ビニル•アクリル系共重合体水性エマルジョン
主成分:

成分 含有量%
ポリビニールアルコール 5〜10
拡散ポリビニールアセテート 15〜20
拡散ポリアクリル 10〜20
50〜60

危険物·有害性の分類

分類の名称:分類基準に該当しない。
有害性:皮膚刺激性がある。

応急処置

眼に入った場合:清浄な水で最低1 5 分間眼を洗浄し、直ちに眼科医の手当てを受けること。
洗眼の際は、まぶたを指でよく開き、眼球、まぶたのすみずみ間で水が行きわたるように
洗浄する。(コンタクトレンズを使用の際は、はずしてから行う)
皮膚に付着した場合:汚染された衣類、靴などを速やかに脱ぎ捨てる。
製品に触れた部分を水又は微温湯を流しながら洗浄する。石鹸を使用しよく落とす。
外観に変化がみられたり、痛み、かゆみが続く場合は直ちに医師の診断を受ける。
吸入した場合:空気の新鮮な場所に移す。万ー中毒を生じた場合は、直ちに医師の診断を受ける。
飲み込んだ場合:水でよく口の中を洗浄し、直ちに医療処置を受ける。

火災時の措置

消火方法:不燃性物質
消火剤:粉末、二酸化炭素、泡、水消火

漏出時の措置


少量の場合:乾燥砂、おがくず、ウェス等に吸収させて密閉できる空容器に回収する。
大量の場合:盛土で囲って流出を防止し、安全な場所に導いてから処理する。
どちらの場合も回収した物質を廃棄する際は、法律及び自治体の規則に従うこと。

取り扱い及び保管上の注意

取扱い:取扱いは、排気装置の設備が望ましい。皮膚や眼に触れぬよう、保護グロープ、保護眼鏡等を
着用のこと。休憩所には、手洗い、洗顔等の設備を設け、取扱い後に手、顔等をよく洗う。
保管:直射日光のあたらない涼しくて換気のよい場所(冷暗所)に保管すること。

暴露防止措置

許容濃度:なし
設備対策:取扱いについては、排気装置の設備が望ましい。
保護具:呼吸用保護具:特に必要なし
保護目眼:ゴーグル型
保護手袋:溶剤用手袋など不浸透性のもの。
保護衣:必要に応じて保護前掛け、保護長靴などを使用する。半袖の作業着は避ける。

物理/化学的性質

外観:乳白色粘稠液体
色:着色剤により異なる
比重: 1.06g/cm3
粘度: 7000mPa.s
沸点:約100℃
溶解性:水で無限大に希釈可能分散
蒸気圧:なし

危険性情報

引火点:引火せず
発火点:なし
爆発範囲:現在のところ知見なし

有害性情報

継続的または長時間皮膚に付着した場合、痒みが発生することがある。

環境影響情報

現在のところ知見なし。

廃棄上の注意

取扱い及び保管上の注意の項の記戴による。廃棄する場合は、焼却によって行う。
洗浄水等の廃水は凝集沈殿、活性汚泥などの処理により清浄してから排出する。水質汚濁防止法に
ご注意ください。また、廃棄物に関しては廃棄物処理法にご注意ください。

輸送上の注意

取扱い及び保管上の注意の項の記載による。容器洩れのないことを確かめ、転倒、落下、損傷がないように
積み込み、荷崩れの防止を確実に行う。

遍用法令

次のいずれの法律にも規制されない。
化審法、安衛法、消防法、毒物及び劇物取締法、船舶安全法

その他

記載内容は、現時点で入手できた資料や情報に基づいて作成しておりますが、記載のデータや評価に
関しては、いかなる保証もなすものではありません。また、記載事項は通常の取扱いを対象としたもので
特別な取扱いをする場合には新たに用途・用法に適した安全対策を実施のうえお取扱い願います。
すべての化学製品には未知の有害性があり得るため、取扱いには最新の注意を必要とします。
ご使用者各位の責任において、安全な使用条件を設定してくださるようお願い致します。
この情報は、新しい知見及び試験などにより改正されることがあります。

感光液保存期間テスト表

★★★:問題なし
★★:使用に大きな問題はないが、基本的な機能の低下。
★:簡単でシンプルなデザイン以外には使用が難しい。(エッジを生かすデザインは難しい。)
冷蔵保存期間
1週間後 2週間後 3週間後 4週間後 8週間後
SD-40 ★★★ ★★★ ★★★ ★★☆ ★☆
KV-920 ★★★ ★★★ ★★☆ ★★☆ ★★
AF-101 ★★★ ★★★ ★★★ ★★☆ ★★
AF-120 ★★★ ★★★ ★★★ ★★☆ ★★
AF-140 ★★★ ★★★ ★★☆ ★★☆ ★★
Azocol 1/3 z ★★★ ★★★ ★★☆ ★★☆ ★★
※個人的なテストに基づいたもので、完全に保証するものではありません。
参考程度に利用してください。

シルクスクリーン感光液比較

特性

製品名 解像性 耐水性 耐溶剤性1 落版性2 柔軟性 特徴 用途
KV-920 耐水性、耐溶剤性が高い
落版が困難
一般印刷
一般捺染
精密印刷
SD-40 耐水性が高い
耐刷性が高い
AF-101 耐溶剤性が高い
落版が容易
一般印刷
AF-120 造膜3性が良い 一般印刷
AF-140 解像性良い 一般印刷
精密印刷
◎特化、◯良い、△弱い、x不可
1長期保管、大量印刷良い
2感光液剥膜剤 (剥離剤)
3膜厚を上げる

購入ガイド

解像性が良い。
油性、水性インクも良い
KV-920
コストパフォーマンス抜群
シルクスクリーン初めての方に
プラスティーゾル(油性)用:AF-101
水性インク用:SD-40

初心者の購入ガイド

保管の注意事項乳剤の保管条件冷暗所(10~25℃)での保存により、乳剤の劣化を最小限に抑えることができます。
使用期限は、上記保管条件で出荷日より半年間、感光剤混合後は一か月です。
※熱や光によってゲル化や解像性の低下を引き起こし、低温によって粒子の発生を引き起こしますのでご注意願います。感光剤(ジアゾ)の保管条件乾燥した(湿度 50%以下)冷暗所(5℃以下)での保存により、感光剤の劣化を最小限に抑えることができます。使用期限は上記保管方法で出荷日より半年間です。
吸湿性が強く水に弱いため開封後放置しますとタール化し使用不可となります。せん。熱や光によって反応が進み窒素ガスが発生し使用できません。容器の破裂にご注意願います。使用上の注意事項

  • 感光剤は熱に弱いため、40℃以下の水を使用し完全に溶解後、高メッシュで濾過し使用して下さい。
  • 乳剤と感光剤をムラなく混合した後に、約#300 で濾過し一昼夜脱泡して使用して下さい。
  • 塗布後の乾燥は乾燥機内温度を 40℃以下に設定し十分に乾燥して下さい。
  • 製版条件毎に適正露光値を測定し露光して下さい。

PS版の保管条件

  • 光に反応するため暗所で保管して下さい。光にあたるとかぶり、抜け不良の原因となります。
  • 吸湿性が強いため乾燥した(湿度 50%以下)所に保管して下さい。(吸湿すると硬化不良を起こし剥がれや強度劣化の原因となります)
  • 熱に反応するため冷所 (5~25℃)で保管して下さい。常温で長時間放置すると、かぶり、抜け不良の原因となります。
  • 上記条件下で半年程度の保管が可能です。
KV-920 油性インク、水性インク用のもので、高クオリティーに印刷できる、良いものがいい。
SD-40 水性インクを多く印刷する予定である。
AF-101 私はプラスチゾル(油性)が楽。よく分からなが、安く良いのもいい。
AF-120 私はプラスチゾル(油性)が楽。印刷を厚手にしたい。
AF-140 私はプラスチゾル(油性)が楽。ディテールの細かい印刷が必要。

シルクスクリーン 感光液 ジアゾタイプの感光液を混ぜてみよう!


AF-101, AF-120, AF-140, KV-920, SD-40 の混ぜ方は同じです。
SD-40:顔料なし

製版制作

シルクスクリーン製版に感光液をきれいに塗る方法とは!?

シルクスクリーン SD-40 感光液 エマルジョン 製版制作

感光液(製版)剥膜方法

お客様からのよくある質問について

版膜が現像中に剥がれる

Q. 膜厚が不均一になっていませんか?
A. <対策>スクリーンのテンションを均一にして、乳剤をムラなく均一に塗ります。

Q. 露光不足ではありませんか?
A. <対策>都度露光時間データをとり適正な露光時間で露光する。

Q. 光源の波長が感光膜とあっていますか?
A. <対策>360~420ナノメーター波長の紫外線光線で露光する。

Q. 乳剤の乾燥が不十分のまま露光していませんか?
A. <対策>除湿乾燥を充分にする。

Q. スクリーンの前処理が不十分ではないですか?
A. <対策>スクリーンを中性な洗浄剤等でよく洗い充分脱脂する。

シャープな線際が出ない

Q. フィルムの線際が明確になってますか?
A. <対策>フィルムをルーペなどで確認する。

Q. 露光時のフィルムと感光膜の密着は充分ですか?
A. <対策>露光機での密着方法を点検・検討する。

Q. 光量は適性ですか?
A. <対策>露光時間のデータを充分に取り適性露光で露光する。

Q. 水現像時の水圧が強すぎませんか?
A. <対策>2~3分ぐらい水に浸してからスプレーシャワーで注意深く現像する。

ピンホールが出る

Q. 乳剤の塗布スピードと粘度があっていますか?
A. <対策>粘度(湿度)の高低により塗布スピードを変える。

Q. ゴミ・ほこり等がフィルムや露光機のガラス・スクリーンに付いていませんか?
A. <対策>ゴミ・ほこり等を充分に除去する。

Q. 露光不足ではないですか?
A. <対策>膜厚・スクリーンメッシュに応じた最適露光時間にする。

Q. 感光乳剤が古く光反応力がなくなっていませんか?
A. <対策>長期保存した既感性乳剤は使用しない。

絵柄が合わない。

Q. 焼き付け用フィルムの伸縮はありませんか?
A. <対策>厚めのフィルムを使用する。

Q. 版のテンションは均一ですか?
A. <対策>テンション測定器で測定する。

Q. 枠が歪んでいませんか?
A. <対策>平な場所で枠の歪を確認する。

Q. 光源の照度分布は均一になってますか?
A. <対策>光源を点検し均一な照度分布にする。

版膜が弱い

Q. 露光不足ではありませんか?
A. <対策>あと露光を充分に行う。

Q. 乳剤が古く変質してませんか?
A. <対策>新しい乳剤を使用する。

現像性が悪い

Q. フィルムの黒色部が薄くなっていませんか?
A. <対策>フィルムの黒色部を濃いものに変える。

Q. オーバー露光等でハレーションが起きてませんか?
A. <対策>適正露光で露光する。

Q. 現像前に光をあてていませんか?
A. <対策>保管場所・作業場所を再点検します。

Q. 未露光部が現像時に膨張していますか?
A. <対策>露光後2~3分ぐらい水に浸してから現像します。

提供元 栗田化学(メーカー)

その他、シルクスクリーンQ&A

シルクスクリーンのQ&A【製版】

  • Q&A( 2 )

2
質問またはコメントを残す