あら?前に印刷した時のインクがつく? ゴーストについて

ゴーストの症状

以前はこれをシルクスクリーン業界では何と呼ぶのか知らなかったので、個人的に[コピー現象]と呼んでいました。最近[ゴースト]という用語を知ったので、この現象について書きたいと思います。

一般的に、この現象は、それほどよく起こりません。特に水性インクの場合はほとんどないと思います。

問題はプラスティゾル

プラスティゾルは、熱を加えなければ硬化しないので、印刷後製版のインクを拭かない状態で、長期保管する人もいると思います。
*業界では、インクをテレピンなどでもふき取った後、保管するのが正しい方法だといいます。
しかし、[業界がどうしようが、知るか][やり方もよくわからないし。][自分が思うようにやりたい]という方いますよね・・・?私がまさにそのタイプです。
次に、このような方々の中では、ゴースト現象が経験した人もいると思います。

一般的に、水性インクでは、発見されにくくなります。それもそのはず、水性の場合洗浄せずに保管することがないからです。しかし、プラスチゾルインクの場合、まれに経験するといいます。製版を拭かないで保管すると、残っているインクが製版のメッシュに移染されて落版をしても残ります。この移染したインクが、印刷時に幽霊のよう現れるというのです。

解決方法は・・・?

はい、あります。

結論

製版を綺麗に拭いて使うかについて。
私は拭いて使うことはしません。
毎回ふく製版の量、時間、精神的、肉体的な労働を考えると再作成ほうが10倍早いので、私は製版を毎回拭い保管するより、製版を再作成しています。

質問またはコメントを残す