¥0

お買い物カゴに商品がありません。

お買い物の合計:44,000円(税込)以上の場場合、全国送料無料!(一部大型商品、メーカー直送を除く)

info@premiumt.jp

¥0

お買い物カゴに商品がありません。

シルクスクリーン印刷屋のプリント方法 1カラー ロゴイラスト

研究所最新
ブログ最新投稿

よくある質問
シルクスクリーンQ&A

DTF転写シート1枚からオーダーspot_img

お知らせ
ニュース

PremiumT 15周年記念 割引商品リスト【会員のみ】〜2024年1月14日まで

15年間のご支援に感謝し、以下の商品を最大15%割引いたします。 機械類割引 一部のインク類割引 ご利用方法 ショッピング後、全ての商品をカートに入れて、...
マット印刷 制作レポート

Tシャツ united athle 5001

xx様のデザインです。イラストレーターで制作したロゴイラストをシルクスクリーンプリントする方法をレクチャーします。

製作環境

  • ソルベントフィルム
  • 8ステーションx8カラーロータリー
  • 50x60cm flash dryer(200v)
  • プラスティゾルSO(マット)シリーズのグレーで印刷しました。
  • 120メッシュ40x50cm アルミフレーム + AF120
  • 9mmの75Aスキージー

初心者ガイド

印刷面が広いプリントをするときは、スキージの両端を掴んで印刷します。
映像のようにスキージが70〜80度程度に角度を立てて鋭く印刷します。
75A〜85A程度のスキージ適当ではないかと思います。

製版

テンション 約20(N/cm)
約18wの 蛍光灯 6~8個のライトボックス , 10cm間隔で 10~15分
真空機がない場合3mの55スプレーのりでフィルムと製版を密着。

印刷

※映像をご覧ください。
AF-120を利用、製版の膜厚(厚さ)を上げます。
ただし、一度の印刷で仕上げる方が良いです。
黒の生地に白プリントのような印刷方法は、今後公開します。
メッシュのテンションと印刷時の力、速度調節が一定になるように気をつけてください。

仕上げ

熱処理がうまくいかない方が意外に多いです。
熱処理装置(フラッシュドライヤー、表面温度計)がなく、ヒーティングガンなどで熱処理される方は、想像の時間よりも3倍の熱処理をすることをお勧めします。

製版が厚いほど、インクの厚さも厚くなります。
熱処理にご注意ください。

数回程度の洗濯で色落ちしたりひび割れてしまったら、熱処理不足が原因です。

この「Q&A:コメント」を購読する
▶︎

0 Q&A
Inline Feedbacks
View all comments

シルクスクリーン機材
趣味からプロの方へ

きじからTシャツ縫製サービスspot_img
0
質問またはコメントを確認できます。x