【Q&A】(プラスティゾル)少し表面の毛羽立ち(プリント後)インクのノリも悪い…

質問
綿100のTシャツにプリントする際、少し表面の毛羽立ち(プリント後)がきになるのですが
プリント前に何か前処理が必要ですか?気持ち市販のものに比べインクのノリも悪いかと思います。

答え
*原因として、以下チェックしてください。

  • テクニック:スキージを立てて印刷する。(70度以下に)
  • → 80度〜90度立てて印刷する必要がある。(削り印刷)

  • スキージ:スキージのゴムが摩耗されて削られ印刷されない。
  • → スキージゴムの交換など

  • 製版:製版のスキージング(印刷後)した場所にインクが見える。
  • → スキーシで印刷時、完全にクリーンに掻き出した感じ。インクが残っていてはダメです。

*他にもいくつかの解決方法があります。

  1. インクをベース(例:SO-White+SO-Base)と混ぜ柔らかくした後、印刷する方法。
  2. 印刷後プレス機を利用してプレスして表面を滑らかにする方法。
  3. プリントするときは、より強い力で印刷する方法(押して印刷する方法が、より力がはいります。)
  4. 製版と印刷の適切な距離を置いて印刷する方法(オフコンタクト)
  5. スキージ9mm/75A以下または違う。
  6. 製版メッシュのテンションが弱すぎる。

質問
また、インクを刷る際は同一方向に刷るのが基本でしょうか?版に対し押す方が良いのか引く方が良いのかありますでしょうか?

答え
両方の方法を状況に応じて利用します。小さい場合は引いて、大きい場合は、押す方法がより楽になります。
同じ印刷物は、同じ方向、強さで印刷するとピントのずれを最小限に抑えることができます。

質問またはコメントを残す