0,00 ¥

お買い物カゴに商品がありません。

お買い物の合計:33,000円(税込)以上の場場合、全国送料無料!(一部大型商品、メーカー直送を除く)

info@premiumt.jp

0,00 ¥

お買い物カゴに商品がありません。

【Q&A】動画あり!インクが生地を透過して、裏にインクが出てしまう。<シルクスクリーン>

More articles

人気の機材

インク の 生地透過 の問題の 解決 方法

動画の一番最後にあるように裏面に少しだけインクが出るのを防ぐ方法は無いでしょうか?
最近だとネームタグの代わりにプリントでネームにしているブランドとかもあると思いますが、そういった場合にこれだと表生地にちょっとだけインクが出てしまいます。それを防ぎたいです。
いい方法ややり方の間違いなどご教授いただければ幸いです。どうかよろしくお願いします。

インク戻り – >印刷100%インクが裏に透過されないことを保証することは難しいですが、全体的に多透過されてのであれば、プリンティングの問題があるかと思います。

以下、参考にしてテストしてみてください。

1.印刷時の角度を傾けすぎで、押す力もとても強い。
最初の写真のようなスキージの角度で、より立て、今よりももっと速く印刷(スキージング)してください。
第二の写真のようにスキージの角度が傾きすぎで、使用する

2.力の調節が難しい場合逆に押すの印刷方法を試してください。 – >この場合、角度が傾きすぎてもスキージゴムの角を利用して印刷するので、もっとエッジの効いた印刷が可能であると思います。簡単にまとめるとスキージの角度を立てる。 (直角のゴムの角を利用して印刷する。)上から下へ押す力が強すぎてはだめ。押す感じではなく、スキージゴムの角を立て、角を利用し、インクをかき出す感じで印刷する。
以上となります。お役に立てれば幸いです。その他ご不明点などありましたら、お気軽にご相談ください。

ゴムがの面積が大きくなるほど印刷すると、生地を透過してしまいます。

こちらの動画を簡単に撮りましたので、参考にして下さい。
0 Q&A
Inline Feedbacks
全てのQ&Aを見る
きじからTシャツ縫製サービスspot_img

Latest

年末年始休業日のお知らせ

平素よりpremiumTをご利用いただき誠にありがとうございます。誠に勝手ながら下記の通り、冬季休業とさせていただきます。

2021年12月29日(水)〜2022年1月3日(月)

休業期間にご不便をお掛けしますが何卒宜しくお願い申し上げます。

0
Q&A!x