【Q&A】ノーマル張り VS バイアス張り<シルクスクリーン フレーム 製版>

ノーマル張りとバイアス張りはどちらがいいのですか?

80~150メッシュの製版の場合、どのメッシュ数がいいかの基準はありません。
自分の製版能力に応じて、あるいは自分のデザインに応じて選択する必要があります。

ノーマル張り

イメージの左のようにメッシュをフレームに縦横直角に固く固定する。
通常の張り方。

バイアス張り

イメージの右のようにメッシュをフレームと対角に固く固定する。
製版初心者の場合、あるいはデザインが直角の形が多い場合、メッシュ結果デザインが重なり出る階段現象*を避けることができる。

ノーマル張り VS バイアス張りの結論

製版に熟練された方であれば、ノーマルでも十分だと思います。

  • 200メッシュ以上の精度を要求するプリントの場合(機械でプリントする場合)バイアスがより高い製版完成度となります。
  • プレミアムティーでは150メッシュ以上の製版はサポートしていません。
  • 階段現象は、感光剤をより厚く塗ることで、避けることもできます。
0 Q&A
Inline Feedbacks
全てのQ&Aを見る