染み抜きガン(テキスタイルクリーニング用)

textile-c
  • お勧め商品
商品番号:textile-c
オプション
獲得ポイントレート:2%
在庫状態:在庫有り
商品の内容を十分に理解して自己責任のもとに使用してください。

セット割引
同じ商品を
0個以上で0%、0個以上で0%、0個以上で0%引き
¥27,809 ¥22,247(税別)
数量

配達について

予想される
最小梱包サイズ
宅急便100サイズ〜
※配送料金表
発送日目安 即日
発送日目安の意味/別送の意味 即日発送の意味:12時までのご注文で、12時半までに入金確認がとれた商品に限り即日発送いたします。在庫なしの場合は、発送できませんのでご理解よろしくお願い申し上げます。
商品入荷後の意味:通常2週間前後で発送いたします。
100kgを超える商品は、入荷まで通常1ヶ月かかります。

メーカーからの発送:メーカーと在庫を共有しておりません。在庫がない場合もありますので、ご理解ください。
Tシャツメーカーからの発送:メーカーと在庫を共有しておりません。在庫がない場合もありますので、ご理解ください。
ご注文後、数量により配送サイズが変わります。
textile-c

textile-c

入荷予定日

スキージ、バケット、プラテン用マスキングテープ、ライトボックスなど

2019年8月末

説明概要

シルクスクリーンプリントをした布についてしまった、ミスプリントなどのインクじみやインクの固まりをアセトンを入れた染み抜きガンテキスタイルクリーニングガン)を噴射させて除去できます。

インクによるシミ・汚れを取り除く染み抜きガン


テキスタイルクリーニングガンはこのような形です。
コンセントを電源に入れて使用します。
思わぬ場所についてしまったプラスティゾルのインク染みを綺麗に除去することができます。

アセトンを入れて利用


アセトンを入れる際、噴射の際はかならずマスクを利用すること。
換気をした状態で使用すること。

インクじみを除去する

染み抜きガン 使用方法1
除去をするインク付着部分を熱処理
(ヒーティングガンまたはフラッシュドライヤーで)した後、除去を行ってください。

インクのかたまりを除去する

染み抜きガン 使用方法2
除去をするインク付着部分を熱処理
(ヒーティングガンまたはフラッシュドライヤーで)した後、除去を行ってください。

スペック

電圧 220V/ 50HZ/ 40W/ 【変圧器込】日本で使用可能
カップ容量 650ml
重量 1.7kg
使用方法 cpアセトンを本体のカップに入れて使用初めて使用するとき、30〜60秒噴射します。
ご注意 人、動物に噴射しないで下さい。
本体を横にしないで下さい。横にしてしまった場合、再度30〜60秒噴射してから使用してください。
約20分以上連続して使用しないでください。
本体が熱くなった場合は冷ましてから再度利用してください。

製版のリサイクルにも利用できます。

染み抜きガン 製版 リサイクル 使用 方法
ゴーストを防止

textile-c

ご注意

  • 本商品の製造特性上、キズがある可能性がございます。
  • 若干の部品が異なる場合があります。
  • 外観のサイズ、デザインは、多少異なる場合があります。
  • 気になる方はご購入前にご連絡ください。

上記の理由から交換、返金は不可ですのでご注意ください。ご協力お願いします。気になるお客様は、購入前に、当社にお問い合わせください。

  • Q&A( 6 )

6
質問またはコメントを残す

premiumT

2~3回使用後に使用できなくなりました。
動作はしておりますが、噴射いたしません。

premiumT

お世話になります。

恐らく異物がノズルの穴を塞いでしまっているのかと思いますので、以下の様にお試しください。

1まずアセトンを全て抜いてください。ノズルにあるアセトンもトントンとしながら出してください。
2黒い調節レバーを真ん中に設定してください。
3上にある調節レバーを調節しながら、レバーを引いて噴射して手に風がかかる位置まで調節してください。

以上の過程で、除去できて、ご利用いただける様になるかと思います。
どうぞ宜しくお願いいたします。

INOMATM

教えて下さい。
クリーニングガンは油性インク、水性インクどちらも除去出来るのでしょうか?

premiumT

お問い合わせありがとうございます。
一般的に、水性より油性のほうが効果があり、当然面積が小さければ小さいほど効果があります。
インクのタイプにもよりますが、染み込むタイプは無理かと思います。
クリニングガンに使用してるアセトンは、一部の合成繊維、または特殊な染色をした生地などは、化学反応を起こして、汚染することがあります。十分テストをした後、ご利用ください。

Nishi

EN水性ラバーインクのホワイト(マット)とバインダーを使っています。
このシミ抜きガンとアセトンで修正出来ますか?

premiumT

プラスチゾル – >油性系インク – > ENインク(水性系ラバーインク)
上記の手順で修正が難しくなります。

一般的に、プラスチゾルの場合は、ほとんど修正ができると考えてください。
ENの場合ポイントのような小さい部分には役立ちますが、100%保証をすることはできません。
生地の糸と糸の隙間に浸透してしまったり、化学反応による浸透してしまった場合除去が難しいです。
以上、よろしくお願いします。

関連商品