【Q&A】製版を露光後、小さい穴(ピンホール)がたくさんできてしまった。原因は?<シルクスクリーン>

先日購入した感光液AF120の件で質問がございます。
初めて120を使用したのですが、いつも通りの露光時間と乾燥で版作りをしたのですが、普通に見てるとピンホールはないのですが、光を通してみるとピンホールが数百以上確認できるほどあります。
光の加減でラメのように見えるので試し刷りをしたところ、やはり細かなインクがついておりました。
露光時間の問題でしょうか?露光液を塗る際に薄く伸ばしすぎたのでしょうか?
ちなみに乾燥は暗室にて常温の送風機で30分以上は乾燥させました。

これは、感光液を薄く伸ばしすぎたのが原因かと思います。
露光された部分が階段のように段ができてしまっているのは、製版の感光液が薄いということですのでご注意ください。

Q&Aまとめ

シルクスクリーンに必要な機材・道具について
プラスティゾルインクについて
水性インクについて
溶剤系インクについて
熱処理について
インクのテストプリント画像まとめ
製版が目詰まりする原因
水性インクの堅牢度UP 目詰まり防止おすすめ商品

0 Q&A
Inline Feedbacks
全てのQ&Aを見る