千葉県市川市のシルクスクリーン印刷(シルク印刷)Tシャツオーダーアトリエ

千葉県市川市シルクスクリーン印刷シルク印刷)機材販売、
Tシャツオーダー受け付け中。
オリジナル無地Tシャツも販売しています。

トップ > シルクスクリーン用品,機材 > 油性ベースのインク,その他 > マットタイププラスティゾルインク 1kg

マットタイププラスティゾルインク 1kg

なぜプラスティゾル(プラチゾル, プラスチゾル)がいいの?水性インクとの違いは何?

マットタイプインク
プラスティゾルプロ用(業務用)のインクとしてとても便利なインクです。
水性インクはインクの乾燥が速く、インクが着いたまま放置することができません。
プラスティゾルインクは熱処理をしない限り乾燥することがないインクなので、
使用した版をそのまま放置することが可能です。(埃などの付着は注意)
インクを落とすときは、プラスティゾルクリーナー(テレピンうすめ)液で簡単に除去することができます。
また、プラスティゾルインクと互換性の良い、AF-101の感光乳剤により感光した版は、
再生が可能です。除去の時は、感光液剥膜剤 (剥離剤)または家庭用のブリーチ(漂白剤)をご利用ください。

*インクの熱処理には、フラッシュドライヤーまたはヒーティングガンが必要です。

シルクスクリーンプラスティゾルインックの写真

安全性

小型ミキサーや棒などでよく撹拌し柔らかくした後使う
この製品は規制対象である 6種の phithalate 成分はもちろん、重金属、 アゾ化合物、 フォルムアルデヒドなどが含有されないように製造された環境にやさしい plastisol ink です。
規制対象 6種 (DEHP, DBP, DINP, DIDP, BBP, DNOP)

説明

プラスティゾルインク(plastisol)1kgです。
約160度以上の熱処理をすると、硬化になる製品です。

高い濃度の顔料と添加剤が含有された高隠蔽用インクは地色をカバーする隠蔽力が高く主に暗い生地に直接印刷またはインクジェット印刷用で使われる.
暗い生地に白色に土台処理した後高隠蔽用を使ったら低いインク層でも鮮かな色相を現わす。
最適の隠蔽力を得ようとする時には 90-110目の紗を, 白色で土台処理したら, 120-200目の紗を使う。

* 自動機械や半自動機械での多色印刷作業の時(PRINT -> HEAT -> PRINT) 割の時の印刷面とスクリーン版とのべたつくことがなくて作業性が卓越だ.
熱処理後表面は光沢がでません。

感光液

AF-120(AF-200)を使って膜厚を上げます。(版に塗る感光液に厚みを出すこと)
暗い地のTシャツに白のような明るいカラーをプリンティングする時效果的です。
また, 発砲インク(印刷した部分が膨れ上がるプリント)等を表現する時も效果的です。

AF-101(AF-no1)と同レベルの纎細なプリンティングが可能なジアゾタイプの高性能感光液です。

ポイント

製版を作る時、膜厚をあげる
1回のプリンティングでok!

注意

ドライクリーニング, アイロン禁止

マットタイプインクの製作例

マットインク製作例
画像ソース:tcollector

用途

綿, 綿との合成物, ポリエステル

カラー

商品コード カラー(マット) 色名
SO-ink-1 ベース(無色)
SO-ink-2 ブラック
SO-ink-3 ホワイト
SO-ink-4 オレンジ
SO-ink-5 パープル
SO-ink-6 スカイブルー
SO-ink-7 ロイヤルブルー
SO-ink-8 ネイビーブルー
SO-ink-9 ウルトラブルー
SO-ink-10 スカーレット
SO-ink-11 ゴールドイエロー
SO-ink-12 レモンイエロー
SO-ink-13 イエロー
SO-ink-14 ミッドグリーン

カラー表 (PDF FILE 1.3MB)

使用メッシュ

白のTシャツ 120~150メッシュ
白以外のTシャツ 80~100メッシュ

シルクスクリーン用プラスティゾルインクについて

このプラスティゾルは、環境にやさしい。
160度以上の熱処理をしなければ硬化しないので、 水性バインダーよりも作業が楽にできる。
暗い色のTシャツ、明るい色のTシャツによって利用する紗のメッシュや、プラスティゾルの特製が違います。

無光沢高隠ぺいプラスティゾルインク
汎用インクは白に近い明るい色のTシャツでのみ奇麗に表現できますが、
無光沢高隠ぺいインクは、白のTシャツはもちろんのこと、
暗い色のTシャツでもきれいに表現できます。

乾燥機

ヒーティングガン
フラッシュドライヤー

プラスティゾルインクについて

プラスティゾルインクは、環境にやさしいインクです。
初めてご利用になる際は、底からよく混ぜて、柔らかくしてからご利用ください。
紙コップなどにへらで取り分けて利用することをお薦めします。
手に付くと取れにくいので、軍手などをして作業してください。
プラスティゾルインクは空気乾燥しません。プリント後はヒーターガンなどを利用し必ず高温度乾燥器で乾燥させてください。

プラスティゾルインクの利点

水性インクと違い、使用後もそのまま保管可能です。
使用済みの製版をいちいち洗浄する必要がないのでとても楽です。
(アゾフィックスので製作した製版は、絶対に水で洗わないでください。)

版についたインクの除去

大方のインクをへらなどで除去した後、布にテレピンを付けて除去できる。
再度印刷する予定のある版の場合、インクはそのままにしてOK。乾燥することはない。

Tシャツについたミスプリントのインクの除去

インクは、アセトンの電気スプレーにより除去が可能。
完全に乾燥した状態で、生地の下に布などをあてて噴射させること。

印刷の仕方

  1. ホルダーへデザイン感光の終わった版を取り付ける。
  2. >
  3. Tシャツなどを、MDF版に取り付ける。(スプレーのりを利用)
  4. プラスティゾルインクは、初め堅いので、よく混ぜてから利用する。
    版の上にヘラなどを使い、インクを乗せる。(I)の形に乗せる。
    スキージは、80度程度で、あまり力を入れ過ぎずに。(70%ぐらいの力で)
  5. >

フラッシュドライヤーでの乾燥

乾燥が足りないと、洗濯して落ちてしまう原因に。
一か所20秒程度を目安に、充分にゆっくりと乾燥させる。
また、生地に近づけすぎると、生地を焦がしてしまうため、10cmぐらいの間隔を
保つこと。乾燥したかを調べるには、生地のプリントのある部分を強く両側に引き、
インクが割れなければ完了。

ベタ塗りの場合

汎用インクは、ブラックの生地に明るい色を乗せる場合、2~3回のスキージングが必要。

フラッシュドライヤーでの乾燥

シルクスクリーンプリントの例イメージ

乾燥が足りないと、洗濯して落ちてしまう原因に。
一か所20秒程度を目安に、充分にゆっくりと乾燥させる。
また、生地に近づけすぎると、生地を焦がしてしまうため、10cmぐらいの間隔を
保つこと。乾燥したかを調べるには、生地のプリントのある部分を強く両側に引き、
インクが割れなければ完了。

インクの硬さ

特に、ホワイトのインクは、寒い中長時間置いておくと固くなりやすいです。
スキージはウレタン9mmをご利用いただき、インクをヘラでよく混ぜてからご利用ください。
プラスティゾルはある程度堅いのが特製ですので、版を強く作り、印刷も力を入れて行うイメージです。
水性のインクのように柔らかくありませんのでご注意ください。

スキージングテクニック

デザインソース:Tcollector

インク:プラスティーゾルSO-BLACK

フラッシュドライヤーを使う場合

マニュアル的には、完全硬化の条件が160度の温度で60秒ですが、実際の作業では、160度の温度で20〜25秒程度で十分です。

  • 最初のフラッシュドライヤーウォームアップ10分ほど後のはじめの作業をするときは、160度まで上がっていません。
  • 1時間程度のテスト作業をしながら、製作物とフラッシュドライヤーの距離を狭めたり高めたりと、適切な距離を見つけてください。
  • 30分ほどの作業をしてみると、製作物が瞬時に160度以上に上がって全体的に20〜25秒程度の熱処理で大丈夫です。

参考までに、当社の作業を申し上げますと、
綿100%の生地の場合、フラッシュドライヤーのベーキング瞬間120〜130度で5秒程度後160度に上がります。最終的に20秒後に、195〜205度程度まで上昇します。
その瞬間、一般的にベーキングを終了します。
トータル20〜25秒が適切です。
送っていただいた画像のようなポリ100%生地の場合、最大温度が170度になるように高さを調整します。綿よりも少し長くベーキングして生地が焦げないようにします。
また、フラッシュドライヤーの端は、比較的熱があがらないため、細心の注意が必要です。

生地の種類に応じて、耐久温度が異なりますので、注意してください。

印刷後プレートに密着している状態でそのまま熱処理するのはNGで、Tシャツでしたら、一度脱がしてから、再度プレートの 上に乗せて熱処理するのが正解となります。
こちらのページにある動画をご参照ください。

Baseインクについて

  1. インクの濃度を薄くする際に使用される。SO(高隠蔽マット)シリーズを除く他の種類のインクは、SM BASEとミックスするようにする。
  2. 粘度が強い白類のインクに混ぜて粘度を調整するのにも使用される。100:25(BASE)程度では肉眼で確認が難しい。
  3. 2を実行する場合は、2回刷りをお勧め。
  4. ベースインクそれ自体は色の変化はない。

メーカー

A.ONE

カラー表 (PDF FILE 1.3MB)

  • 【マット】 SO-ベース
商品コード SO-ink-1
バーコード 4573158573215
販売価格 2,471(税抜)
ご購入個数

  • 【マット】 SO-ブラック
商品コード SO-ink-2
バーコード 4573158573208
販売価格 3,000(税抜)
ご購入個数

  • 【マット】 SO-ホワイト
商品コード SO-ink-3
バーコード 4573158573192
販売価格 3,028(税抜)
ご購入個数

  • 【マット】 SO-オレンジ
商品コード SO-ink-6
バーコード 4573158573222
販売価格 3,219(税抜)
ご購入個数

  • 【マット】 SO-パープル
商品コード SO-ink-7
バーコード 4573158573239
販売価格 3,219(税抜)
ご購入個数

  • 【マット】 SO-スカイブルー
商品コード SO-ink-8
バーコード 4573158573246
販売価格 3,219(税抜)
ご購入個数

  • 【マット】 SO-ロイヤルブルー
商品コード SO-ink-9
バーコード 4573158573253
販売価格 3,219(税抜)
ご購入個数

  • 【マット】 SO-ネイビーブルー
商品コード SO-ink-10
バーコード 4573158573260
販売価格 3,219(税抜)
ご購入個数

  • 【マット】 SO-ウルトラブルー
商品コード SO-ink-11
バーコード 4573158573277
販売価格 3,219(税抜)
ご購入個数

  • 【マット】 SO-スカーレット
商品コード SO-ink-12
バーコード 4573158573284
販売価格 3,123(税抜)
ご購入個数

  • 【マット】 SO-レモンイエロー
商品コード SO-ink-13
バーコード 4573158573291
販売価格 3,123(税抜)
ご購入個数

  • 【マット】 SO-ゴールドイエロー
商品コード SO-ink-14
バーコード 4573158573307
販売価格 3,123(税抜)
ご購入個数

  • 【マット】 SO-イエロー
商品コード SO-ink-15
バーコード 4573158573314
販売価格 3,123(税抜)
ご購入個数

  • 【マット】 SO-ミッドグリーン
商品コード SO-ink-16
バーコード 4573158573321
販売価格 3,123(税抜)
ご購入個数

「マットタイププラスティゾルインク 1kg」へのQ&A

ウインドブレーカー

2016年03月20日

by ●●●様

Question

ウインドブレーカーなど化学繊維の上着
(黒のウインドブレーカーにオレンジの文字)に
プリントをしたいのですが感光液の種類と布のメッシュ数、
インクの種類などを教えていただけないでしょうか。
宜しくお願い致します。

>>>防水コーティングされた製品には、ナイロンボンドが必要です。
本ページの関連商品をご確認ください。

無題

2012年05月07日

by ●●●様

Question

ブラックのボディに、

4色分解でプリントしたいのですが、

どちらのインクを購入したらよろしいでしょうか?

>>ブラックボディの場合、アゾフィックスでCMYK製版後アゾフィックスでホワイトの製版もします。
5カラーということになります。
ホワイトの製版は、実際のイメージより0.5mm程度小さく製版します。
ホワイトをプリントする際、Tシャツが版にくっつく様に、
Tシャツを版にしっかり固定し、(スプレーのりを利用して)100メッシュ以下で製版をします。

ご購入をおすすめするインク
①四色分解用シアン、②マゼンタ、③イエロー、④ブラック
⑤汎用ベース(CMYKインクの濃度を調節することができます。)
⑥高隠蔽ホワイト(黒のTシャツに白を載せる時利用します)
以上です。

どうぞよろしくお願いいたします。

「マットタイププラスティゾルインク 1kg」に関するご質問

質問を投稿する場合はログインしてください。

会員ログイン

関連商品