紗張り製版について

 

当店の版は『紗をまっすぐに引っ張る』タイプのものと『紗を対角に引っ張る』タイプのものがあります。
『紗を対角に引っ張る』タイプの方が複雑のデザインに適しています。

複雑なデザインは数字の大きめのメッシュを利用しなければなりません。
なぜかといえば、細い線になると、
階段のようにジグザグに表現されてしまうため、紗を対角に引っ張るんです。

…わかりにくいですよね。
分からなかったらご相談ください。コンタクト

シルクスクリーン版←価額はこちらへ。