CMYKでご指定の色を製作します

プラスティゾルインク

cmyk->インク

シルクスクリーンでカラーを製作したい方へ。
illustratorやphotoshopのカラーバランスで見られる、
CMYKカラーを、%で厳密に製作いたします。
製作日数:約7日
料金:15000円
量:1kg程度
お気軽にご相談ください!

→ 他のインクの販売はこちら

[contact-form-7 404 "Not Found"]

オリジナルTシャツボディー製作過程「生地選び」

今年の冬は、Tcollector初のプルオーバーパーカーが登場します!

●やわらかい

●プリントと相性がいい

●軽い

・・・にこだわって、やっと生地を決めました。

あとは、七分。薄すぎて中が透けてもNGだけど、かたい生地は

うちっぽくないから避けたいし・・・。

いろいろ試行錯誤してやっと決まりました。

写真は試行錯誤中のものだから、決定したものではありません!

10月初旬には発売予定なのでお楽しみに!

オリジナルでTシャツやらパーカーを製作するのは、仕事のなかでも

萌え度が高いです。

いいものに仕上がるといいな!

ワンちゃんの顔もバッグに!

オリジナルオーダーバッグ製作受付中!

愛犬の散歩にも便利なエコバッグ、愛犬の写真をオリジナルプリント

こんな感じで愛犬のバッグとかつくっちゃってもいいし(ちなみに生地は無印良品のもの。)

モデルはうちの愛犬アルフ。臆病者の3歳です!

storyterrorデザインオリジナル受注Tシャツ

うちのイラストレーターにデザインまかせちゃって、オーダーしても

いいですしね。(デザイン代は、上のTシャツの場合は5000円でした)

うちは、Tcollectorってブランドをやってるので、ブランドのTシャツ制作のご相談も

もちろん待ってます!

ちなみに¥800~のうちのTシャツ無地ボディーは、うちのパターンナーが毎シーズン

腕によりをかけて制作してます。

Yシャツのパターンを採用しているのでめちゃくちゃ着やすい!はず。

女の子にぴったりなレディースTシャツボディーパターンもありますよ。

てなわけで、premiumTの簡単ダイジェストでした。

オリジナル看板のプリント製作!

聖蹟桜ヶ丘のアトリエのドアにぶら下げる、オープンとクローズの

看板表記をアクリル絵の具でペイントした木にプリント。

小さくて厚みがあるからシルクが破けないように慎重に・・・。

出来上がり!

若干おっさんくさい色になっちゃったけど。まあご愛敬ってことで!

日曜日は定休ですので間違えないように~★

製版用の木製版をつくろう!

木材

木材

今回は、シルクスクリーンで肝となる、版を木から作っちゃおう!というのが課題です。
上の写真は、近くのホームセンターでまとめ買いしている木のかけら。
長~い木の棒を切ってもらってます。(長さ49cm,幅3.8cm,高さ2.5cm)

シルクスクリーン製版

製版の際一番重要なのが、この「張り」感。
思ったよりかなりしっかり力を入れて張らないとだめ。

シルクスクリーン製版

ひとりでやると、どうしても力が入らないから、このように釘をたくさん打った木を裏返したものにひっかけ引っ張ります。

シルクスクリーン製版作業

半透明。

シルクスクリーン製版作業

引っ張ったら、ホチキスで一気に止めて行きます。

シルクスクリーン製版作業

シルクを引っ張るための道具。

シルクスクリーン製版作業

入りが悪いところはハンマーで補強。

シルクスクリーン製版作業用ホチキス

どこのホームセンターでも売ってるホチキス(でかいやつ)。

シルクスクリーン製版作業用ハンマー

どこの家庭にも一つはあるはず!ハンマー。

シルクスクリーン製版作業

最後余分な部分をカット。

シルクスクリーン製版作業用紗

 

シルクスクリーンで看板をつくる!

看板シルクスクリーン製作 製版

premiumTは聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩3分・・・とかなり立地条件のいい場所にあるんですが、
それでも路地なので、大通りからほとんど目立たない・・・。
ということで、とりあえず基本の看板をつくろう!ということになりました。

うちはシルクスクリーンが専門なので、お茶のこさいさいです。

看板シルクスクリーン製作ディーテール

ホームセンターで買ってきた木の板にプリント。

乾燥はホットガンで。Tシャツと一緒です。
木だから腐らないかかなり心配ですが、今のとこ雨季は過ぎ去ったしまあ大丈夫かしら。
ミニマルでやさしい看板のできあがり~!

聖蹟桜ヶ丘premiumTオリジナルTシャツオーダーメードショップ看板

聖蹟桜ヶ丘premiumTオリジナルTシャツオーダーメードショップ看板

いっぱい主張してね!

シルクスクリーン教室アンケート

シルクスクリーン教室アンケート

プリント

受講日(2009年8月17日)
受講者(おタケさん)

1.今回受講された経緯を教えてください。

→ 運動をしているので、Tシャツは必需品。
日本でも海外旅行でも、値ごろ感のある気に入ったTシャツがなく、自分で作りたい、
と心に決めて数年が経ちました。
グラフィックデザインだけをデータで入稿すれば、Tシャツを作れるお店は今や珍しく
ないのですし、家庭のインクジェットでも作れます。
しかし、東急ハンズに足を運んでいるうち、よりプロに近い制作プロセスに興味が湧き、
頭で理解するだけでなく、実際の工程を体験したくなりました。
ビジネスにつながらなくても、アーティストでなくても、Tシャツは実用的で価値のある
ものです。おもしろいデザインなら、コミュニケーションも生まれます。
体験するなら今だ、と思い、mixiでコミュニティを探し、受講の予約にたどり着きました。

2.シルクスクリーンTシャツ作りに関して、もっと詳しく知りたい!

という部分があれば、お聞かせください。

→ まだ、入門したばかりです。諸条件をクリアしたら、是非取り組んでみたいと思っています。
質問は、それからだと思います。ご親切にご教示頂いたので、教えて頂いた言葉や道具に
関しては理解しました。

3.今回のワークショップの感想をお願いします。

→ 自分の家でも、つまり、莫大な設備投資をしなくても、道具を揃えられ、プロに近い工程で
製作することができるんだ、ということが自分の肌で実感できたことが、大きな成果です。
幸い私1人だけでしたので、聞きたいことも聞けましたし、親切にご指導頂きありがとうござい
ました。
美大でも出なければ、シルクスクリーンという技法は1時間では学ぶことができません。
カルチャーセンターなどでは数回に及びますし、どちらかと言えば、実用的なTシャツではなく
アート。忙しいとあっさり諦めてしまいますが、3時間ほどで体験できるのは魅力です。

(文章はそのまま引用させていただきました。遠いところからのご参加ありがとうございました!)

おタケさんが参加した、シルクスクリーン教室VOL2のレポートはこちらです。