ワークショップ自作Tシャツ体験教室

自作Tシャツを製作している方はぜひ参考にしてみてください!

当アトリエでは体験教室も行ってます!

今回来ていただいたのは、高円寺に住む学生さん木村さん(仮名)。

事前にプリントしたいイメージをUSBのメモリーに入れといてくださったので

photoshopで少し加工をしましたがとてもスムーズでした。

元のデータが写真のイメージだったので、印刷は「ハーフトーン」でドットで表現します。

初心者にはレベルの高い印刷方法なのですが・・・。ということで、一度失敗してしまいました。

将来はスペインで寿司を握りたい、という夢があるだけあって、

手先が器用で、覚えもとても早かったです。

ライトボックスで感光している間に海外の話や趣味(多趣味な方でした!)

の話など盛り上がってとても楽しい体験教室でした。

ありがとうございました!

ちなみに彼がシルクスクリーンに興味を持ったのは、漫画「聖☆おにいさん」を

見て、とのこと。主人公かなんかがシルクでTシャツをつくってるっていう

設定らしく。

ギャグ漫画大好きなので面白そうだな~と思ってたところでした。

シルクスクリーンが出るなら買うっきゃないですね。

ワークショップvol.1ビデオアップ!!!

オリジナルTシャツの、Tシャツ制作体験教室です♪

まずは、

デザイン画作成→スキャン→photoshop編集→painterで着色→レーザープリンターでコピーの

ルーティンから。

この続きは現在編集中ですのでしばらくお待ちを!!!

高速再生です~!

自作シルクスクリーン 初めて編 教室

 

 

 

シルクスクリーン教室Tシャツ制作体験フィルム

一緒につくった人

まやちゃん

まずは、デザイン決めから。

数分ペンを持って悩んだあと、

渡されたクロッキー帳に遠慮がちにちまっと下書き・・・。

ペンをクロッキー帳につけてすぐ

「できた!」

は、早いです・・・。

ということで、デザインはマヤちゃんの「M」とぷくっとした唇に決定!

スキャン

下書きをスキャンして、photoshopに取り込み、レイヤーわけをして、

画材の質感を使い分けることができるpainterにて色づけ。

当店でシルクスクリーンターンテーブルに次いで高価な、wacomのモニターで直接

ペイントです。

painterというソフトには、クレヨン、アクリル、ガッシュ、色鉛筆、コンテ、水彩・・・などなど、

思い当たる画材がすべて表現できるツールが付いています。

あくまでデジタルペイントだから、完全なリアルさは出せないけど、Tシャツのデザインには

欠かせないソフトです。(わたしには)

画材の質感をチェックして、いざ色塗り!

大胆なタッチで、豪快に色を塗りたくってくれました。

いい味だしてます。

フィルムの印刷

さて、いよいよフィルムを印刷します!レーザープリンターがウィンウィン豪快な音を立てながら、

排出作業をしてくれます。これまた時間がかかるんだ・・・。

マヤちゃんお持込みの「おいしい牛乳」を生かして、ココア休憩です。

ここからは、未知の世界!

シルクスクリーン体験です。

感光液

まず、感光液を冷蔵庫から取り出して、ステンレスの容器に移します。

液体は体についたら危険そうな、緑色。でも大丈夫、毒性はありません。

グロテスクに光った緑の感光液を、シルクを張った版にゆっくりと塗っていきます。

「80度ぐらいの角度にして、まっすぐ下から上に塗ってきます。」

表が終わったら裏も。

そのあと2回目。今度は、塗る感覚ではなく、そぐ感覚で。

ひゅるるるるると、シルクとステンレスがこすれあう歯がゆい音がします。

一度乾燥。約7~8分。家庭用のドライヤーで、丁寧に。

完全に乾いたら、3度目の塗りを両面。

また乾燥。

版の完成!

ライトボックスにのせる

この次は、光を使って版にTシャツのデザインをつけていきます。

フィルムにスプレーのりを噴射して、空気が入らないように注意しながら、

丁寧にフィルムを版に載せます。

シルクスクリーン教室Tシャツ制作体験版にフィルムを載せる

きれいに張り付いたら、ライトボックスの上に。

「あれ、これも作ったの!?」とマヤちゃん。

はい、これもお手製です。倹約倹約・・・。

シルクスクリーン教室ライトボックス

ライトに載せて、7分待ちます。

プラスティゾルインクを混ぜて色づくり

待っている間にカラーづくり。

うちでは、プラスティゾルを使っています。油性でべたべたしているインクで、手に着いたら

ちょっと厄介。紙コップに1回分、ごく少量をとっていきます。

カラーは、ホワイト、ブラック、スカーレット(レッド)、ブルー、イエローの5色。

これらを混ぜて色を調合します。

シルクスクリーン教室 プラスティゾルカラー調合

マヤちゃんは、ブラックをそのままと、鮮やかなレッドを調合。

この作業も7分を待たないまま、すぐに終わってしまいました。仕事早いです!

シルクスクリーン教室

そうこうしている間に、ライトに載せた版も終了。

シャワーで版を抜く

取り出して、水場へ。

水道に水圧が出るように特殊な蛇口をつけたホースで、強さを微調整しつつ、

洗い流していきます。先ほどデザイン部分を黒で印刷したフィルムを載せた版ですが、

光によって、黒い部分のみ反応して、水を付けるとあら不思議、きれいに緑の

感光液が落ちていきます。

水の強さの加減がすごく大事なポイント。

強すぎると、必要な部分まで洗い流し兼ねないので、注意して洗っていきます。

「わたしもやる!」と積極的なマヤちゃんでした。

シルクスクリーン教室版の乾燥

ドライヤーで版を乾燥

そのあと、すぐにドライヤで乾かします。水で流れ落ちないように、版を寝かせて

上からドライヤーを当てます。

完全に乾燥したら、版についた、ピント用などの、余計な穴をふさぐため、

いらない部分のみ、再度感光液を薄くつけ、乾燥させます。

シルクスクリーン教室版完成!

シルクスクリーン教室ピントを合わせる。

とうとう印刷

シルクスクリーンのステーションに版をセットして、下にピント合わせのための

フィルムを置きます。今回は一枚のTシャツのみに印刷するために版を制作したので、

一枚の版に2カラー分をつくりました。

シルクスクリーン教室プリント

シルクスクリーン教室 プリント風景

いよいよまやちゃんも印刷!これが一番の醍醐味です。

成功するかな・・・ドキドキ。

「お、うまい!」

結構な腕前で、印刷してくれました。

ポイントは、80度ぐらいに寝かせて70%ぐらいの力でスキージ(印刷用の、ごむべら)

を引くこと。

シルクスクリーン教室Tシャツにプリントしたインクの乾燥

ヒーティングガン

200度まで熱が上がるドライヤー。間違って髪を乾かさないように・・・。

今回は1枚なので、大型のドライヤーはお休みです。

シルクスクリーン教室 Tシャツ完成!

完成!!!

真ん中じゃつまらない、ってことで、「心臓の位置(マヤちゃん談)」に印刷。

ロックです!素敵な作品になりました。

いっぱい着てねー!

シルクスクリーン教室Tシャツ制作体験作品

シルクスクリーン教室Tシャツ制作体験作品