Tcollectorアーティストワークショップvol.2レポート

10月10 日、第二回目のTcollectorアーティストワークショップ(実質お茶会・・・)

が行われました。

今回の参加者はイラストレーターの脇本有希子さんとデザイナーの石田舞さんと

学生で絵を描いていらっしゃる、xさん、二回目参加のtentさん、地元でいつも

お世話になってるフォトグラファー種田麻矢さんでした。

気がついたらTcollectorアーティストの方々は女の人ばっかり!

まあ女子校育ちの私はとてもやりやすいんですけどね。

華やかで楽しいです!

ポートフォリオを見せてもらいました!

すごいクオリティー高い!youtubeで動画の作品を見たりもしました。

ワークショップ自作Tシャツ体験教室

自作Tシャツを製作している方はぜひ参考にしてみてください!

当アトリエでは体験教室も行ってます!

今回来ていただいたのは、高円寺に住む学生さん木村さん(仮名)。

事前にプリントしたいイメージをUSBのメモリーに入れといてくださったので

photoshopで少し加工をしましたがとてもスムーズでした。

元のデータが写真のイメージだったので、印刷は「ハーフトーン」でドットで表現します。

初心者にはレベルの高い印刷方法なのですが・・・。ということで、一度失敗してしまいました。

将来はスペインで寿司を握りたい、という夢があるだけあって、

手先が器用で、覚えもとても早かったです。

ライトボックスで感光している間に海外の話や趣味(多趣味な方でした!)

の話など盛り上がってとても楽しい体験教室でした。

ありがとうございました!

ちなみに彼がシルクスクリーンに興味を持ったのは、漫画「聖☆おにいさん」を

見て、とのこと。主人公かなんかがシルクでTシャツをつくってるっていう

設定らしく。

ギャグ漫画大好きなので面白そうだな~と思ってたところでした。

シルクスクリーンが出るなら買うっきゃないですね。

シルクスクリーン教室アンケート

シルクスクリーン教室アンケート

プリント

受講日(2009年8月17日)
受講者(おタケさん)

1.今回受講された経緯を教えてください。

→ 運動をしているので、Tシャツは必需品。
日本でも海外旅行でも、値ごろ感のある気に入ったTシャツがなく、自分で作りたい、
と心に決めて数年が経ちました。
グラフィックデザインだけをデータで入稿すれば、Tシャツを作れるお店は今や珍しく
ないのですし、家庭のインクジェットでも作れます。
しかし、東急ハンズに足を運んでいるうち、よりプロに近い制作プロセスに興味が湧き、
頭で理解するだけでなく、実際の工程を体験したくなりました。
ビジネスにつながらなくても、アーティストでなくても、Tシャツは実用的で価値のある
ものです。おもしろいデザインなら、コミュニケーションも生まれます。
体験するなら今だ、と思い、mixiでコミュニティを探し、受講の予約にたどり着きました。

2.シルクスクリーンTシャツ作りに関して、もっと詳しく知りたい!

という部分があれば、お聞かせください。

→ まだ、入門したばかりです。諸条件をクリアしたら、是非取り組んでみたいと思っています。
質問は、それからだと思います。ご親切にご教示頂いたので、教えて頂いた言葉や道具に
関しては理解しました。

3.今回のワークショップの感想をお願いします。

→ 自分の家でも、つまり、莫大な設備投資をしなくても、道具を揃えられ、プロに近い工程で
製作することができるんだ、ということが自分の肌で実感できたことが、大きな成果です。
幸い私1人だけでしたので、聞きたいことも聞けましたし、親切にご指導頂きありがとうござい
ました。
美大でも出なければ、シルクスクリーンという技法は1時間では学ぶことができません。
カルチャーセンターなどでは数回に及びますし、どちらかと言えば、実用的なTシャツではなく
アート。忙しいとあっさり諦めてしまいますが、3時間ほどで体験できるのは魅力です。

(文章はそのまま引用させていただきました。遠いところからのご参加ありがとうございました!)

おタケさんが参加した、シルクスクリーン教室VOL2のレポートはこちらです。