業務用ではじめてシルク印刷する際に、必要なもの

アパレルショップでの導入のお問い合わせがあったので、

「業務用ではじめてシルク印刷する際に、必要なもの」

について考えてみました。

シチュエーションとしては、「トートバッグやTシャツ」への「プリントやハンカチ、手ぬぐい」へのプリントをしたい。
また、4色分解もやりたい。という場合です。
下記のものがあれば、オーダーを受けることもできるかと
思います。

「必ず必要と思われるもの」

4カラー1ステーション

 

ウレタンスキージ* プラスティゾルには、こちらの固めのスキージが必要です

 

4色分解用インク *フラッシュドライヤーまたはヒーターガンが必要です。

 

汎用インク *フラッシュドライヤーまたはヒーターガンが必要です。

 

(濃色系のバッグに印刷することが多い場合は、マットインク(高隠蔽インク)で

代用可能です。高隠蔽インクは淡色系のバッグにも利用可能です)

インク用へら

 

フラッシュドライヤー

 

ヒーティングガン*フラッシュドライヤーの簡易版です。

4色分解やロット数の多いものには不向きとなります。

 

水性の染み込むインク 手ぬぐいなどの印刷に

 

上記染み込むインクの顔料

 

水性インク用の遅延剤

 

「その他、あると便利なもの」

テキスタイルクリーニングガン

*水性の染み込むインクには使えません。

プラスティゾルインク印刷乾燥後に、生地から除去する場合に使用できます。

 

プラスティゾルクリーナー

プラスティゾルインクを拭き取った版を綺麗にするために使います。

 

◉家庭用ブリーチ剤

製版を再利用する際、(感光液を除去)利用します。

製版をやらない場合は特に必要なし

◉紙コップ インクを小分けにするため プラスティゾルはラップをかけて保存可能です

◉測り インクを図るため

◉タイマー 乾燥時間を正確に測るため

◉ウエス 製版のインクを除去するときなど何かと必要になります

◉マスク

◉軍手

プラスティゾルが便利なのは、製版にインクをつけたままで

保管可能な点。

水性インクの様にいちいち洗わずに済みます。

 

 

ご質問、お問い合わせはinfo@premiumt.jpまでどうぞ。
シルクスクリーン機材販売premiumT
http://premiumt.jp

メッシュの配送時の折り目について

シルクスクリーンメッシュの配送方法について。

ご希望をいただいた場合、なるべく畳まない状態での配送も可能です。

配送料が追加となりますので、畳数のご希望により、その都度送料を

お見積もりいたしますのでご注文時に備考欄にてお伝えください。

ご希望をいただいた場合、ロールでの配送も承っております。

 

 

ご質問、お問い合わせはinfo@premiumt.jpまでどうぞ。

シルクスクリーン機材販売premiumT

http://premiumt.jp

【ノウハウ!】スキージサイズの選択の方法

sq-back2

    • 1 プリント成功
    • 2プリント失敗

プリント結果が上の2のようになってしまったことってないでしょうか。
デザインサイズよりスキージのサイズが小さすぎてこのような事態になってしまうことがあります。
スキージに加える力が両端均等でないことが原因です。
下の図の例を見て、適切なスキージを選択してください。

 

sq-back

おすすめの例
デザインサイズ 10cm 25cm 29cm
フレーム(枠)サイズ 20cm 40cm 40cm
スキージサイズ 20cm 35cm 35cm
インクの量(油性、水性)  必要な量よりも数倍多く使う
スキージはデザインより5~10cm大きい、フレームよりは5~10cm小さい方が良い

印刷サイズが大きい場合*スキージングを逆にしてプリントするとより綺麗に印刷することができる。
*スキージを手前に引いて印刷する方法が一般的で、逆に体の方から外側に向かってスライドさせて印刷する方法は、より多くの力をスキージに伝えることができる。

【ポイント!】ハンカチに染み込みインクで印刷してみよう

染み込みインク
(ハンカチに印刷した例)

ハンカチ、Tシャツなどの印刷にビンテージな風合いのインクです。
生地にしみこむタイプのシルクスクリーンインク(水性ベース)です。

生地に凹凸が出ないため、ハンカチやタオル、
子供服など直接肌に触るアイテム向きです。

染み込むインク 商品ページ

少量での販売を開始しましたのでお試しください。

  • 無色 1780円
  • 白 1830円

「使用方法」
ネオカラー(顔料)と混ぜて利用してください。
ホワイトはそのままご利用いただけます。(混ぜても使用可)
ネオカラーは0.05%から5%までを混ぜて使用してください。

5%以上混ぜると印刷面が生地にうまく付着せず、
洗浄時に落ちてしまう可能性がありますので、必ず分量を守ってください。

ネオカラー商品ページ

「使用のポイント」
感光液は水性用のsd40をご利用ください。
乾燥しやすいため、遅延剤のご利用が便利です。
使用後は製版を水洗いしてください。
目詰まりしやすいインクです。

「印刷のポイント」
製版自体、細かいプリントには向いていませんので、80〜120メッシュを使用して、
ベタ面の多いデザインでお試しください。
細かい部分は目詰まりします。

水性プリントの画像

水性インクのプリント方法はこちらのページ

水性インクの印刷方法については、上記ページもあわせてご覧ください。

【レベルアップ! 】釘の手打ちで製版作りをしてみよう!

 意外に多くの方々が釘を利用してメッシュを引っ張って製版を作っているようです。

そんな方のための制作のヒントをお伝えします。

①製版

②製版用釘(ストレッチャー)です。

 

釘を利用して製版を打つ場合以下のようなエッジ部分にAの部分のようにでこぼこになる現象が生じます。

この部分に感光液がたまりやすくなってしまい、制作に支障がでてしまうことがあります。
解決策として、以下のように、エッジ部分を避けて感光液を塗る方法もありますが、この場合はメッシュのテンションが高くしっかり張られていることが前提となります。

印刷時に強い力を与えてもスクリーンがゆるまない状態を保つことで、製版が成功します。

 

 もしスクリーンがゆるんでしまった場合は、もう一度メッシュを張ることをお勧めします。

メッシュ(紗)があまりにも弱く張られている場合、製版制作にも失敗する確率が高くなって、成功した場合でも、思うようにできません。繰り返し作業は大変ですよね。

 
  
上図のように釘を細かくうちます。

そして、その間の上下に釘をさらに打ち最大限間隔を狭めます。

このやり方で、少しは完成度の高い製版ができると思います。

 

シルクスクリーンプリント初心者 機材一覧

スキージ

*下記は、あくまで製版がある場合の必要な機材となります。

製版は、油性用のものをオーダーしてください。

ゴールド用→80~100メッシュ*ゴールド用をオーダーしてください

ホワイト用→100~120メッシュ

(上記メッシュ数は、当店での基準ですので、製版元にお問い合わせください。

【プリント用機材】

スキージー(プリントをするためのヘラ)

*スキージーはプリントサイズより、5cm小さいものを使用します。

http://premiumt.jp/item/detail/ウレタンのスキージー9mm.html

クリーナー(プラスティゾルクリーナー)

http://premiumt.jp/item/detail/プラスティゾルクリーナー.html

SOインク(高隠蔽マットインク)

http://premiumt.jp/item/detail/マットタイププラスティゾルインク%201kg

ヒーティングガン(フラッシュドライヤー)

http://premiumt.jp/item/detail/ヒーティングガン800W.html

インクヘラ

http://premiumt.jp/item/detail/プラスチックヘラ.html

ホルダー(フレームを挟むもの)*1カラーフレームホルダーをお勧めいたします。

http://premiumt.jp/item/detail/frameholder-1color.html

こちらの自作ガイド 印刷についてもご参照ください。

http://premiumt.jp/item/detail/シルクスクリーンTシャツ自作したい方のためのガイド.html

フラッシュドライヤーを電源に繋ぐ(15A以上の場合)

安全のために絶電手袋などを着用してください。
この内容について起こる事故の責任は負いませんのでご自身の判断の下行ってください。

①ブレーカーからの場合(推薦)
単独での利用となるので安全です。
②コンセントからの場合(①を選択できない状況の場合はこちら)
使用者の管理の下使用すれば、安全性に問題はありません。
注意するべき点は、ブレーカーのレバー一つに対して、フラッシュドライヤー
一つのみ利用しなければならないため、室内にブレーカーから分岐しているコンセントが
複数ある場合は、ほかのものに使用してはならない。
火災の原因となりえるので、必ず単独使用をすること。

①ブレーカーからの場合

緑の線は、アース線です。
黒、白の線が重要な線です。

通常のブレーカーの状態はこのような形です。
赤の状態はONの状態なので、一つ一つを緑の状態にして、ブレーカーを落とします。

ケースを開けるとこのような状態です。
下の赤線の枠内は、アース線を入れる部分です。
もし、アース線が入らない場合は、入れなくても問題ありませんが、
可能な限り入れてください。(アースは静電気などの発生を防ぎます)

2番のイメージのように、すべてのブレーカーを落とした状態で
空いている接続部があれば、①番の白と黒の線を接続します。
もしない場合は、必要でない電気線と交換してください。

完成のイメージです。

②コンセントからの場合

コンセントを利用する場合のみ必要な電気線コネクターです。

緑の線は、アース線です。
黒、白の線が重要な線です。

通常のブレーカーの状態はこのような形です。
赤の状態はONの状態なので、一つ一つを緑の状態にして、ブレーカーを落とします。

通常コンセントはこのような形です。これは2つですが、1つ、または3つの場合もあります。

ケースを開けます。(手で開けられます)

このようになっています。

上下にあるネジをドライバーでとります。

大きいネジもドライバーでとります。

コンセントを引っ張り出します。

黄色い部分を押すと、電気線が抜けますので、
電源から来ている白の電気線とフラッシュドライヤーの白の電気線を一つのコネクターに繋ぎ、
黒は黒同志で同様に行います。

コンセントのケースは閉まりません。

プラスティゾルインクの価格変更のお知らせ

↑当ショップはこちら

http://premiumt.jp

日頃当サイトをご利用いただいているお客様、

お引き立ていただきありがとうございます。

 

本日付で、プラスティゾルインクの価格の値上げをいたしました。

海外からの原材料の輸入価格の上昇により、やむを得ず値上げいたしました。

ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

高隠ぺいインク

汎用インク

 

また、本日よりプラスティゾルインクの500gでのセット販売をスタートいたしました。

カラー数も18カラーと、多彩に取り揃えております。

マットインク(高隠ぺい)、汎用インクどちらもございます。

 

 

↑当ショップはこちら

http://premiumt.jp

 

 

製版のオーダーメードについて

こんにちは、さみです。

今日は製版のオーダーメードについて。

私たちのアトリエでは、製版のオーダーも受け付けています。

木製の製版ですが、耐久性も十分あり、環境にも寄りますが、(木製なので湿気には弱いです)
長持ちします。

注意は、水洗いは厳禁ということ。AF101という感光液は、プラスティゾルインク用となります。

—————————————————————————–

追記 水性用の感光液を使用して、

水性用の製版を製作することも可能です。

水性用の版の場合は、もちろん水洗いOKとなります。

—————————————————————————–

プラスティゾルインクは、ジョルタイプのインクで、ネットリしているのが特徴。
自然乾燥しないため、目詰まりしません。
一度印刷をした後、版を洗う必要がないため、とても管理が楽です。
その代わり、ヒーターガンという150度以上の熱風が出るドライヤーの様なもので熱処理が必要となります。

プラスティゾルインクを落とす場合は、へらで一度落とした後、プラスティゾルクリーナーを
布に湿らせてから拭くという流れになります。

シルクスクリーンのプリントだけをご自身でやられたい方は、ぜひ
私たちの製版をご利用ください!リピーターの方も多く、ご満足いただいています。

30×40㎝木枠製版(感光液AF-101+デザイン込み)6000円

40×50㎝木枠製版(感光液AF-101+デザイン込み)7800円

http://premiumt.jp/item/detail/flamePlate_AF101.html

サイズに合わせて、2種類あります。

ご購入後、info@premiumt.jpまで、デザインのデータをお送りください。
データは、photoshopillustratorでお送りいただくのがベストですが、
もしデザインソフトをお持ちでない場合、こちらで編集することも可能ですので、
まずはご相談くださいね!

納期は、お振込後1週間前後となります。 

四色分解のオーダーの方

こんにちは、さみです。

緑あふれかえる法華経寺のアトリエにて。アジサイの赤やピンク、紫、青にかけての
グラデーション が見事です。季節ごとに順番に花が咲いては枯れ、オーケストラの様です。

ネットでイラストのTシャツを販売している方が「四色分解」でオーダーをしてくださっているのですが、
その方がサンプルの確認をしにわざわざいらっしゃってくださいました。

この間も書きましたが、四色分解での印刷結果は元のデザインとかなり異なります。
元のものより、暗く濃いイメージとなる印象です。細かすぎたり、薄すぎる線は表現できません。
一度印刷してみないと、頭に描いているイメージとどのくらい誤差があるかは正直確認できませんので、
この方のように、実際に見ていただいてから判断していただくほうがいいと思います。

せっかく作るのですから、満足行くTシャツを製作していただきたい思いです。

その方は、「デザイナーも(前回のサンプルで)確認しましたが、四色分解でここまでできれば上等じゃないか」と言ってくださりました。

tcollectorダストジーンTシャツ(四色分解によるシルクスクリーン印刷)

tcollectorダストジーンTシャツ(四色分解によるシルクスクリーン印刷)

このTシャツは、私たちが運営するブランド「tcollector」の「DUST JEAN Tシャツ」です。
これも、四色分解で製作しています。

もし、これをご覧の方がTシャツ製作により興味を持っていただけたら幸いです。