【Adobe Illustrator CC】4色分解用フィルムを印刷するプリンター設定

この内容は、Adobe Postscript 2.0以上(3.0を推奨)のカードがインストールされてプリンタがある場合に限り、対応する説明です。シルクスクリーン印刷の4色分解フィルムをイラストレーターで印刷する場合にお役立てください。
Adobe Postscriptカードがインストールされているプリンタがない場合、後日投稿予定のブログをお待ちください。
Adob​​e Postscriptカードがインストールされているプリンタがない場合は

1

Adob​​e Illustratorの上部メニューのFile – > Printcommand + pCtrl + pを選択してプリント詳細を表示します。

2

PPDをPostscripがインストールされているプリンタドライバに変更します。

3

PrintオプションのOutputを選択ModeをCompositeでIn-RIP Separationsに変更します。
* In-RIP Separationsが選択されていない場合はSeparations(Host-Based)にします。

4

Overprint Blackチェックボックスをチェックします。

5

Cyan、Magenta、Yellow、BlackのFrequancy(線数)の値を設定します。
当社は、Tシャツのような綿+ポリ、ポリ生地などを印刷する場合、45 lpiに設定してます。
高い値のFrequancyにすると、小さなドットになり、低い値のFrequancyにすると、大きなドットになります。
シルク印刷の場合、最大65 lpiを超えないようにします。 (65 lpiの製版自体を作るのは困難です。)
特に決まりはありませんので、様々なFrequancy値を試してみてください。

6

Cyan、Magenta、Yellow、BlackのAngle値を設定します。
上の画像は、任意に入れた値です。別の角度を与えてスクリーンの線、ドックが互いに交差するようにします。
すべての準備が終わりました。印刷します。
テスト印刷をして思い通りのドット(網点)サイズを探してみてください。

【Adobe Photoshop CC】4色分解のためのフィルム製作方法

Photoshopの等の変化等により、印刷オプションのいくつかの変更がありました。
Photoshopのccのバージョンで4色分解色分解フィルムを作成する方法です。

1

上のように4色分解するデータをPhotoshopのCCにロードします。

2

Image→Mode→CMYK Colorを選択します。

3

Photoshopのの右側の下の層のウィンドウで、Channelsを選択します。 Channelsウィンドウのない方は、上部のマニュアルのWindow→Channelsを選択します。

4

Channels右側のメニューを押してSpilit Channelsを選択して、各4つのファイル(Cyan、Magenta、Yellow、Black)に分割します。

5

4つのファイルに分かれたことを確認することができます。

6

その1つのファイルを次のようにMode→Bitmap画像に変えます。

7

上のようなポップアップが実行されたら、Harftone Screenを選択し、OKをクリックします。

8

上のようなポップアップが実行されたら、Frequency 45、Angle 45、Shape Roundを選択し、OK押します。
各アングルの角度を5、35、45、75などのように設定します。
互いに角度が異なることによってドットと、線が互いに交差します。
Frequencyは網点の印刷物の大きさを示し、Angleは網点が構成する角度を示しています。
網点の大きさは、45が一般的であり、より詳細にするためには数字を大きくすればいいです。 65を超えないようにします。

9

イメージのようにMode→Grayscale画像に変えます。

10

再びChannelsに戻り、キーボードのcommand +マウスの左クリックCtrl +マウスの左クリックをします。
背景部分が全体的に選択がされていることを確認することができます。

11

Layersに空のレイヤーを一つ追加します。
追加した非レイヤーを選択command + shift + iCtrl + shift + iキーを押します。
黒色の部分が選択されていることを確認することができます。

12

Col​​or Pickerを用いてH:215 / S:0(何の数字)/ B:0になるようにします。
alt + deleteキーを押して、黒にします。
以降background層は削除します。
残りの3つのファイルも同様にします。

13

commnad + pCtrl + pキーを押して、印刷オプションを開きます。
下の部分にあるPrinting Marksオプションの希望のオプションを選択します。
(4ファイルのそれぞれのピントを合わせるためです。)
ここで注意すべき点は、Printing Marksオプションは、4ファイル同じに設定する必要があります。

より良い高品質の印刷物にするためには、[モノクロレーザープリンタ+ Adob​​e Postscrip]が装着された製品を使用することをお勧めします。

【Adobe Photoshop CS3】 シルクスクリーンCMYKによる原色分解

シルクスクリーンでCMYKの原色分解したものをプリントしたい場合の
photoshopCS3による設定方法

2016年3月24日 情報を更新しました

⇧phoshop CCをご利用の方は上記の記事をご覧ください。

印刷までの流れをまとめました。

1. まず、Tシャツ印刷する、イメージを選択してください。
*このTシャツのイメージは、当店のクリエーターGONGDUSTのブランドGONGdustでつくったリフォームTシャツの作品です。


2. 「イメージ」>「モード」>「CMYK」
おそらく大部分RBGの状態ですので、CMYKに変更してください。


3.CMYKに変更されました。


4.右下のチャンネルで確認してください。
①CHANNELをクリックしてください。
②右にあるやじるしをクリックします。


5.SPILT CHANNEを選択します。

6.ファイルがCMYKの4つに分散されるのが確認できます。


7.印刷作業です。
FILE⇒PRINTを選択。
COLOR MANNERMENTをOUTPUTに変更します。(ハーフトーンにするためです。)


8.OPTION下のSCREENをクリックし、上の赤2のCHECKを変更します。


9.FREQUENCY(45オススメ)とANGLE(45オススメ)を調節し、SHAPE(ROUNDオススメ)を選択します。


10.最後にピントを確認するためにPRINTING BARSをCHECKします。

 

*この情報は2013年9月18日の物です。photoshop の新バージョンでは、一部変更されている部分があります。