業務用ではじめてシルク印刷する際に、必要なもの

アパレルショップでの導入のお問い合わせがあったので、

「業務用ではじめてシルク印刷する際に、必要なもの」

について考えてみました。

シチュエーションとしては、「トートバッグやTシャツ」への「プリントやハンカチ、手ぬぐい」へのプリントをしたい。
また、4色分解もやりたい。という場合です。
下記のものがあれば、オーダーを受けることもできるかと
思います。

「必ず必要と思われるもの」

4カラー1ステーション

 

ウレタンスキージ* プラスティゾルには、こちらの固めのスキージが必要です

 

4色分解用インク *フラッシュドライヤーまたはヒーターガンが必要です。

 

汎用インク *フラッシュドライヤーまたはヒーターガンが必要です。

 

(濃色系のバッグに印刷することが多い場合は、マットインク(高隠蔽インク)で

代用可能です。高隠蔽インクは淡色系のバッグにも利用可能です)

インク用へら

 

フラッシュドライヤー

 

ヒーティングガン*フラッシュドライヤーの簡易版です。

4色分解やロット数の多いものには不向きとなります。

 

水性の染み込むインク 手ぬぐいなどの印刷に

 

上記染み込むインクの顔料

 

水性インク用の遅延剤

 

「その他、あると便利なもの」

テキスタイルクリーニングガン

*水性の染み込むインクには使えません。

プラスティゾルインク印刷乾燥後に、生地から除去する場合に使用できます。

 

プラスティゾルクリーナー

プラスティゾルインクを拭き取った版を綺麗にするために使います。

 

◉家庭用ブリーチ剤

製版を再利用する際、(感光液を除去)利用します。

製版をやらない場合は特に必要なし

◉紙コップ インクを小分けにするため プラスティゾルはラップをかけて保存可能です

◉測り インクを図るため

◉タイマー 乾燥時間を正確に測るため

◉ウエス 製版のインクを除去するときなど何かと必要になります

◉マスク

◉軍手

プラスティゾルが便利なのは、製版にインクをつけたままで

保管可能な点。

水性インクの様にいちいち洗わずに済みます。

 

 

ご質問、お問い合わせはinfo@premiumt.jpまでどうぞ。
シルクスクリーン機材販売premiumT
http://premiumt.jp

Comments are closed.

Post Navigation